姑なんか大嫌い!嫌う理由と会いたくない時の言い訳パターンとは?

「姑が嫌い!」と思っている嫁は、今も昔も変わらず多いですよね。どうして嫁と姑は分かり合えないのでしょうか?今回はまず、嫁が姑を嫌いになるきっかけや理由をお話しし、さらに姑に会いたくないときの言い訳や義実家との同居を阻止する方法までご紹介します。

  • 姑を嫌いになったきっかけとは?

    今も昔も変わらず存在している「嫁姑問題」。姑が苦手、もしくは嫌いだと感じている人は多いようですね。でも、誰かを嫌いになるときにはそれなりの理由があるはずです。まずは、姑を嫌いになったきっかけについて耳を傾けていきましょう。

    「まだ子どもができないの?」と言われた


    『姑と顔合わせるたびに「子どもはまだなの?」と…。まだ二人とも仕事していたいから、って何回言ってもそればっかり。しつこくて嫌気がさしてきました。』(29歳/女性/事務職)

    「子ども」という存在は、夫婦関係に大きな変化をもたらすものですよね。すぐに子どもが欲しいと思う夫婦もいれば、何年かは新婚生活を二人きりで楽しみたいと考えている夫婦もいます。

    また、経済的に安定してきた頃でないと子供を産んでも生活に困窮してしまいますよね。だからこそ、いつ子どもを作るかは慎重に夫婦で話し合って決めたいのに…。顔を合わせるたびに姑からプレッシャーをかけられるのは正直ストレスですよね。

    孫が早く抱きたいという義母の気持ちは十分理解できますが、夫婦の問題に口出ししてほしくない!というのが嫁の本音でしょう。

    しつこく同居を迫られた


    『旦那実家の隣に二世帯住宅の家族が越してきたらしい。その日を境に「早く同居しましょう」としつこく言うようになりました。正直ウンザリです。』(36歳/女性/主婦)

    義両親との同居問題も、いずれは向き合わなければならない問題です。義両親と仲が良好であれば、「同居もアリかな」という気持ちになるはずですが、実際は「できれば同居は避けたい…」と思っている人が圧倒的に多いはずです。

    妻の側は、義両親と同居することで絶対に忙しくなることが目に見えているからこそ、断固として同居は拒否したいんですよね。

    しかも嫁姑関係があまりよろしくない所に限って、義母が同居を提案してくるものですから厄介です。いつまで話をごまかせるかヒヤヒヤしてる…なんてお嫁さんも多いんじゃないでしょうか。

    息子のことは私が一番よく知ってると言われたとき


    『旦那の服装や料理の内容にまで姑は干渉してきます。旦那の好みに合わせてると主張しても、「私の方が息子のことはよくわかってるから従いなさい!」とゴリ押ししてくるのがストレスです。』(32歳/女性/パート)

    親にとっては、子どもはいくつになっても子どもです。息子を大切に思う気持ちはわかりますが、結婚しても奥さんができてもなお息子に干渉しようとする親は厄介ですよね。

    夫婦間で決めていたルールも「我が家ではこうだったから!」と姑によって捻じ曲げられる家庭も少なくないようです。また、旦那の服を嫁が選んだと知るなり「息子はこの色が似合うの」と当てつけのように他の服を持ってきて着替えさせたりすることも。

    「結婚したんだから、子離れしろよ!」なんて思っちゃいますよね。

    賞味期限切れの食べ物を渡されたとき


    「姑が私にばかり賞味期限切れのお菓子を渡してくるんです。最初はたまたまかと思ったけど、毎回切れてて…。これって露骨な嫌がらせですよね。一気に嫌いになりました。」(30歳/女性/接客業)

    露骨な嫌がらせをきっかけに義母が嫌いになった、という人は多いです。嫁姑という関係に限らず、友人関係でも嫌がらせなんかされたら距離を置きたくなるのが普通でしょう。

    食べ物のおすそ分けというのは、昔からあるコミュニケーションの取り方のひとつです。食べ物を分けてもらったら好意的に受け取る人がほとんどでしょう。しかし、その行動の裏に悪意が込められていると気付いた時には気持ちが悪くて仕方ないですよね。

    姑にこのような陰湿な嫌がらせをされたら、嫌いになるのも当然でしょう。