彼氏のプロポーズには前兆がある?行動&会話でわかる前触れを解説!

  • 彼氏からプロポーズされた時の返事&対応

    プロポーズの前兆を感じとってからしばらくして、実際にプロポーズをされたら、あなたはどう答えますか?

    最後は、彼氏からいざプロポーズをされた時の返事や対応をご紹介していきます!

    「はい」とストレートに返事


    彼氏との結婚に迷いがなく、「私も結婚したい」と決意が固まっているなら、「はい」と分かりやすく返事をしましょう。一言でシンプルではありますが、彼氏はその一言を待っているはずです。彼氏もプロポーズをするまでは、きっとドキドキして緊張しています。早く安心させてあげると良いでしょう。

    抱きつくなど行動で返事をする


    言葉で返事をする以外にも、行動で返事をすることもできます。実際にプロポーズされたら感極まって、言葉にできない何とも言えない気持ちになることも…。そんな時は、彼氏にOKだと分かってもらえるような行動で返事をしても良いでしょう。

    彼氏に抱きついてみたり、キスをしてみたり、何度も頷いて見せたりと、嬉しさのあまりに見せる典型的な行動で返事をすると、彼氏も喜んでくれるはずです。言葉ではなくても、このような反応を見せるだけでしっかりと伝わります。

    逆サプライズをする


    「はい」や「いいえ」で返事が来ると思っている彼氏に対して、逆サプライズを用意して返事しても良いでしょう。彼氏がプロポーズしながらあなたに指輪を渡してきたら、「はい、これ」と逆に彼氏用の指輪を渡しても良いですよね。または、「逆にこんな私を一生そばに置いてくれますか?」と逆プロポーズをしても良いでしょう。

    彼氏もプロポーズのために相当な準備をしてきたはずです。不安や葛藤もあったでしょう。そんな中で頑張ってくれた彼氏に、サプライズという方法でご褒美をあげても良いですよね!

    彼氏が予想だにしていなかった方法で返事をしてみると、きっと思い出に残るでしょう。

    一度考える時間をもらう


    彼氏との結婚にちょっと不安なところがあるなど、プロポーズの前兆を感じてから準備が整っていない場合は、一旦返事を保留にして考える時間をもらいましょう。結婚は一生の問題です。「はい」「いいえ」で答えられない場合もあるでしょう。迷っているなら、ゆっくり時間をかけて考えるべきです。

    プロポーズをされたからといって、絶対にその場で答えを出さなければならないわけではありません。もちろん彼氏はすぐに結論がほしいでしょうし、できるならプロポーズの前兆を感じとったらすぐに返事について考えておきたいところですが、なかなか踏み切れないケースもありますよね。

    急いで結論を出さず、一度考える時間をもらっても良いでしょう。

    待たせる時は期限を設ける


    返事をその場でできず、彼氏に待ってもらうことになったら、「いつまでに返事する」という期限を設けた方が良いです。彼氏の気持ちを考慮して、明確な期限を設けましょう。

    明確な期限がないと、彼氏は「いつ返事が来るんだろう」とモヤモヤしながら過ごさなければなりません。そうなると、仕事が手につかなくなったり、ネガティブなことばかり考えて落ち込んでしまうことも考えられます。

    「この日までには返事するから」「○日間待って」など、いつまで待ってほしいのかをはっきりさせた方が、彼のためになるでしょう。

    返事次第では今後の関係を見直す必要が出てくる


    嬉しいはずのプロポーズですが、いざされると迷いが出ることもあるでしょう。「まだ結婚は早いんじゃないか」という思いが消えない場合、「プロポーズを断る」という選択もなくはないでしょう。

    その場合、今後どうするかも決めなくてはならなくなりますよね。彼氏とこのまま付き合っていくのか、それともここで区切りをつけて別れるのか、という選択も必要になってきます。

    もちろん彼氏にもいろいろな思いがあるでしょう。覚悟を決めてプロポーズした結果、断られてしまったら、それなりのショックや悲しみがあるはずです。

    あなたの返事次第では、今後の関係を見直す必要が出てくることも覚えておきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)