「口が悪い」の意味とは?言葉遣いが悪い人の特徴と男女の心理を解説

  • 口が悪いのを直したい!口調を改善する方法

    口が悪い人が周囲にいる場合の対処法を紹介してきましたが、自分自身が口が悪いという自覚がある人はどのように改善していけば良いのでしょうか。意識するべき点を一緒に考えていきましょう。

    口に出す前に考えるようにする


    口が悪い人は、何も考えずにそのまま思ったことを言ってしまう傾向にあります。「相手は嫌な気持ちにならないかな」「相手は傷つかないだろうか」という考えがまったくないため、口が悪くなってしまうのですね。

    自分自身が口が悪いという自覚があるのなら、まず口に出す前に「これは言っても良いことなのか」「印象の悪い言葉遣いではないか」ということを考えるようにしてください。一旦考えることで落ち着いた対応をすることができるようになるでしょう。

    正しい言葉遣いを学ぶ


    育った環境の影響で口が悪くなっている人は、そもそも綺麗な言葉遣いを知らない人も多いです。本人に「自分は口が悪い」という自覚はなく、人から指摘されて初めて気づくのです。

    周囲に言葉遣いを指摘されたことがあるのなら、一度正しい言葉遣いを学ぶようにしてみましょう。インターネットで検索したり、マナー教室に参加したりすることでも改善は期待できます。少しずつで良いので、自分を変える努力をしてみましょう。

    悪いところを第三者に指摘してもらう


    「あなた口が悪いよ」と言われても、口が悪い人は一体何がダメなのか分からなかったりもします。信頼できる友人や家族がいるなら、一度真剣に相談してみてください。一緒にいる時間が長い人に「悪い言葉遣いがあれば、その時に指摘してほしい」と言ってみるのです。

    毎日指摘されることで、自分の何がダメだったのか気づけるようになり、だんだんと言葉遣いも改善されていくはずです。自分一人で改善する自信がない人は、周囲の人を頼ってみてください。

    先に口が悪いことを言っておく


    いまさら言葉遣いを直せと言われても、口が悪い期間が長いからそう簡単には直せない、という人もいるでしょう。直すのが嫌、または直す自信がないというのなら、今後出会う人には「自分は口が悪い。もしかしたら気を悪くさせることがあるかもしれないが、気にしないでほしい。また、あまりにひどい場合は指摘してほしい」というような主旨のことを先に言っておきましょう。

    口が悪いことを自覚しているというだけでも相手の印象は変わってきます。口調を直すというより、相手の気を悪くさせないようにする方法だと言えるでしょう。