「口が悪い」の意味とは?言葉遣いが悪い人の特徴と男女の心理を解説

「口が悪い」という言葉の意味を正しく理解していますか。今回は「口が悪い」の意味や、口が悪い人の特徴、心理、印象などに迫っていきます。口が悪い人への対処法や口の悪さを改善する方法なども紹介しますので、周囲に口が悪い人がいたり、口が悪い自覚のある人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • そもそも「口が悪い」とは?

    あなたの周囲に口が悪い人はいませんか。また、あなたは口が悪い人間ではないでしょうか。そもそも「口が悪い」の意味をちゃんと理解していなかったり、悪い言葉にはどのようなものがあるのか把握できていない人もいるでしょう。

    「口が悪い」とよく言われてしまう人は、何が原因で周囲にそう思われてしまっているのでしょうか。まずは、のあたりに迫っていきましょう。

    「口が悪い」の意味


    そもそも「口が悪い」とは、どういうことを言うのだと思いますか?一番に思い浮かべるのは「言葉遣いが汚い」ということではないでしょうか。本人は悪気なく話しているのに、言葉そのものが汚いため、とても悪印象になってしまうのです。

    また、言葉そのものはそれほど汚くない場合でも、相手の気持ちを考えずに傷つけてしまう人も「口が悪い人」と表現されてしまうでしょう。

    悪気はないが悪印象である場合と、相手の気持ちを考えずにズケズケ言ってしまって傷つけてしまう場合があるのですね。どちらも同じ「口が悪い人」ですが、別の特徴があるため、対処法や改善法は異なってきます。

    「口が悪い」の英語表記


    「口が悪い」という表現は、日本語に限らず外国語にもあるのをご存知ですか?

    例えば、英語では「sharp tongue」がそのうちの一つです。直訳では「するどい舌」という意味を持ちますが、言葉の意味は「毒舌」ということになります。また「have a dirty mouth」は直訳すると「口が汚い」という意味ですが、「言葉が汚い」という意味を持っています。

    言葉そのものが汚い場合は「have a dirty mouth」、相手の気持ちを考えずに傷つけてしまう場合は「sharp tongue」と表現します。

    口が悪い人がよく使う言葉


    言葉そのものが汚い場合もあることが分かりましたが、一体どのような言葉を使うと「口が悪い」と思われてしまうのでしょうか。「お前」「クソ野郎」「きしょい」「死ね」など、汚い言葉はたくさんあります。中には「ババア」「デブ」「ブス」など、言葉そのものが汚いうえに相手を傷つけてしまうものもあります。

    「カス」「ボケ」「クズ」などは、いじめやパワハラでも使われる言葉であり、相手の存在価値のすべてを否定してしまいかねません。言葉の暴力とはこのことを言うのでしょうね。このような言葉を平気で使ってしまうのですから、口が悪いと言われても仕方がないと言えるでしょう。