結婚すると思った!「この人と結婚するかも」と運命を感じた瞬間

出会ったばかりの相手と「この人と結婚する」と思った経験はありませんか?運命の相手と出会うには、相手に対して直感を働かせる必要があります。そもそも結婚するかもと感じる瞬間とはどのようなものなのでしょうか。この記事では結婚するかも…と思う瞬間とは何か解説します。

  • 「この人と結婚する」と思った経験はある?

    結婚は、「この人と一生共に暮らしていく」という誓いの気持ちがなければできるものではありません。そのように思える相手と巡り合えるのは、奇跡的ともいえるではないでしょうか。

    長く付き合っている相手との結婚を意識するのは自然な流れですが、中には出会ったばかりの人と「結婚するかも」と思う体験をしたことのある人もいます。まさに運命的な出会いというものですね。

    今回は、「この人と結婚する」と思う瞬間やきっかけ、その後の意識の変化などについて、体験談も含め解説していきます。
  • 直感でわかる?「結婚するかも…」と思う瞬間とは

    まずは、「この人と結婚するかも」と思う瞬間が訪れるきっかけや背景に着目してみましょう。恋に落ちるのは無意識といわれますが、この「結婚するかも」と思うのも似たような感覚かもしれません。

    簡単には考えられない「結婚」を自分から意識するには、何らかのきっかけや力が必要ではないでしょうか。特に直感で結婚相手がわかるという人もいますが、それはどういうことなのか紐解いていきます。

    結婚する人は直感でわかるって本当?


    人を好きになるのに理由が必要ないことと同じように、この人と結婚すると思うことにも頭であれこれ考える以前に直感が働く。だから直感で結婚相手がわかるという現象が起こるのです。

    直感は言い換えれば「勘」でもあり、理屈で説明できるものではありません。でも、そのような直感が働くにはやはりそれなりの理由があるはずです。直感に従って行動した結果、後から理由が分かったという人も少なくありません。

    結婚する予感は2パターンある


    「この人と結婚するかも…」と思うのは大きく分けて2パターンあります。一つは、長年付き合って信頼関係を築き自然と結婚を意識するというパターン。これは直感というよりは、順調に交際を続けてきた結果といえるでしょう。

    そしてもう一つが、先ほどから着目している直感で結婚を意識するパターンです。こちらの場合、付き合いが短いどころか出会ってすぐというケースもあります。相手のことをよく知らないのに直感で結婚すると思えるというのは、非常に不思議な現象です。

    相手との気持ちが通じ合っていると感じる


    結婚は気持ちが一方通行ではできません。片思いでも結婚したいと思うこともありますが、「結婚したい」ではなく「結婚する」という確信はやはり相手と気持ちが通じ合わないと生まれないでしょう。

    付き合いが長くうまくいているカップルは、お互い気持ちが通じ合っているというのも当然です。ところが、そうでない相手とも気持ちが通じ合っているように感じるということがあります。これが、まさに直感ということなのでしょう。