男性が無意識に「好きな女性」にとる態度とは?パターン別に紹介!

男性は好きな女性に対して、無意識に特別な態度をとることがあります。気になる男性が好きな人にとる態度とは、どんなものなのでしょうか?今回は、男性が無意識に好きな女性にとる態度とパターンを紹介しています。好きな男性の態度が気になるという女性は参考にしてくださいね。

  • 男性は無意識に好きな女性にだけとる態度がある?

    好きな男性がいると、その男性の好きな女性が誰なのか、気になりますよね。実は、男性の好きな女性は、その男性の態度を観察することで知ることができます。

    本命女性へ取る態度は、無意識に出てしまうもの。そのため、あなたが男性の態度を理解できれば、自分に好意を持ってくれているか否かも、簡単に知ることができるでしょう。

    そこで今回は、男性が無意識レベルで好きな女性に取ってしまう態度を、パターン別に詳しくご紹介していきます。男性からの好意に気付いたときの対処法も紹介していくので、今後の参考にしてくださいね。

    男性の「好き」は無意識に態度に表れる?


    男性の好きな人に対する行動や仕草は、計算されたうえでのものではありません。本人の意思とは関係なく、無意識のうちに好意がにじみ出てしまうのです。

    そのため、本格的にアプローチする前に、相手の女性が好意に気付いてしまうこともあるようです。しかし、男性と女性では好きな人に対するアピールが大きく違うため、好意に気付かない女性も珍しくありません。

    ですが、好意に気付かないことは、チャンスを逃しているとも言えます。男性の無意識レベルの行動を理解して、好意をいち早く察知できるようになりましょう。

    男性のタイプでとる態度が変わる場合も!


    肉食系や草食系、インテリ系やチャラ男系など、男性には数多くのタイプが存在します。そのため、好きな女性にとる態度もタイプによっては当然異なります。

    例えば肉食系男子なら、好きな女性に無意識にとる態度でも、ストレートなアピールをすることが多いでしょう。なので、女性側も好意にピンとくることが多くなりやすいです。

    反対に草食系なら、さり気ないアピールが多く、好意に気付かれにくいと言えます。好きな男性のタイプを把握し、好意を見逃さないように注意していきましょう。

    周りにバレバレな態度でも本人は気付いていない


    好きな女性にとる態度に好意が見え隠れする男性ですから、周囲に好きな人が誰かバレてしまうこともあります。しかし、周りにバレバレな態度でも、当の本人はそのことに気付いていないことが多いようです。

    こちらから見たら、あからさまに見えるアプローチでも、本人にとっては冷静に接しているつもりでいるのです。もし、接してくる男性の好意に気付いたのなら、あなた自身がどうしたいのか考えてから対処するようにしてくださいね。
  • 男性が無意識に好きな女性にとる態度《生活編》

    男性が好きな女性にとる無意識な態度は、日常の様々な場面で垣間見ることができます。まずは、生活編をご覧ください。

    じっと見つめてくる


    男性は、好きな女性をじっと見つめてしまう傾向があります。これは、男性の中に眠る狩猟本能が、狙った獲物を逃すまいと働きかけるためと考えられています。

    そのため、女性を好きになると、無意識に目が女性を追ってしまい、見つめることが多くなってしまうのでしょう。特定の男性からの視線を感じる女性は、好意を抱かれている可能性が高いですよ。

    目が合ったのに逸らす


    目が合ったのに、視線を逸らす男性の態度も、好きな女性への無意識の行動と言えます。一見、避けているように見えますが、これは「好き避け」と言われる脈アリアピールです。

    好きな女性を見つめていた時に、目が合ってしまい、恥ずかしさから視線を逸らしてしまったのでしょう。または、見つめていたのがバレたくない一心で、誤魔化したつもりなのかもしれません。

    視線を逸らすわりにはよく目が合うなと感じるのなら、男性の無意識から出る態度だと判断しても良いでしょう。

    予定がない事をアピールする


    「次の休み暇なんだよね」「彼女がいないから予定がない」など、聞いていないのに予定がないことをアピールする男性っていますよね?この暇アピールも、好きな女性にとる無意識な態度と言えます。

    デートに誘いたいけど、断られるかもしれない不安から受け身になっているのでしょう。特に、シャイな男性に多く見られる行動です。気になる男性が予定がないことをアピールしてきたら、思い切ってデートに誘ってみてくださいね。

    2人きりになろうとする


    男性は好きな女性と、無意識に2人きりになろうとする行動が見られることがあります。その行動はデートに誘うことだけではなく、日常の中にさりげなく潜んでいるのです。

    例えば、学校や会社の行き帰りのタイミングや、仕事を手伝うという理由で2人で作業したりなど。親密になりたいという想いから、無意識に理由を付けて、2人きりになろうとしています。

    同じ男性とよく2人きりになることが多いと感じるのなら、それは好きな女性に対する態度の一つと見て良いでしょう。

    好きな女性の外見の変化に敏感に気づく


    好きな女性を目で追いがちな男性は、その相手の外見の変化に敏感に気付くことができます。髪の毛を切ってカラーリングしたり、ネイルを変えたりなど、いち早く気付いて声をかけてくれます。

    また、あなたが落ち込んでいる時も、すぐに察知して力になろうとしてくれるでしょう。どんな些細な変化も見逃さない男性は、それだけあなたを見ている証拠です。身近にそういった男性がいるのなら、好意を抱かれているのは間違いありませんよ。

    好きな女性と趣味や考え方が似てくる


    女性よりも頑固な傾向が強い男性は、周囲に言われたからと、自身の趣味や考え方をそう簡単に変えることはありません。しかし、好きな女性がいる場合、状況は変わってきます。

    「もっと仲良くなりたい」という気持ちから、好きな女性の趣味や考え方を柔軟に受け入れる傾向が強くなるのです。男性自身が無意識に相手の思考に寄せるのは、好きな女性にとる態度と言えるでしょう。