「ふてこい」の意味とは?関西弁の正しい使い方を例文付きで解説!

今回のテーマは、関西地方の方言である「ふてこい」について。この記事を読めば、「ふてこい」の語源から実際の使用例、使われるシチュエーションまですべて分かります。さらに「ふてこい」に似ている「しらこい」のほか、日本各地に伝わる「〇〇こい」という方言も多数ご紹介します。

  • 「ふてこい」って言われたけどどういう意味?

    関西出身の人との会話中、「ふてこい」と言われて頭にはてなが浮かんだ経験はありませんか?それもそのはず、「ふてこい」は関西弁の方言の一つで、パッと聞いただけで意味を理解するのは難しい言葉です。

    また、「ふてこい」と言った人の態度や表情、シチュエーションによって微妙に意味が変わってくるのも厄介なポイント。会話の文脈から「ふてこい」の真意を汲み取らなければなりません。

    今回は「ふてこい」の語源や意味、使われるシーンなど、「ふてこい」にまつわるあれこれをご紹介します。「ふてこい」の意味が全く分からない人はもちろん、「ふてこい」をどう説明すればいいのかとお困りの関西の人もぜひご覧ください。

    「ふてこい」は関西弁


    冒頭でも述べた通り、「ふてこい」は関西地方で使われている方言です。関西出身の人にとっては共通語とも言えるほどポピュラーな言葉なんですよ。今この記事を読んで、「全国共通の言葉だと思ってた!」と驚いている関西人も多いのではないでしょうか?

    関西圏の中でも、「ふてこい」は主に大阪を中心に使われています。一方、和歌山県や奈良県など少し大阪から離れた地域では通じない場合もあり、関西の中でも地域差があるようですね。

    「ふてこい」の語源は「ふてぶてしい」


    実は「ふてこい」は、形容詞の「ふてぶてしい」から派生している言葉です。そもそも「ふてぶてしい」とはどういう意味なのでしょうか?まずは「ふてぶてしい」の意味から確認してみましょう。

    「ふてぶてしい」は「太太しい」と書き、「図太いこと、憎らしいほど図々しいこと」を意味します。ニヤリとした表情の「ふてぶてしい笑み」という表現はよく使われますよね。

    「太い」が語源という説も


    「ふてこい」の語源については、「ふてぶてしい」のほかに「太い」に由来しているという説もあります。「太い」は体型の大きさや声質の豊かさを表すだけではなく、態度の大きさを表現する際にも用いられます。

    確かに、周りの批判を顧みずに平然としている人のことを「神経が太い」と言うこともありますね。つまり「太い」には「ふてぶてしい」に似た意味があり、そのため「ふてこい」の語源になっていると考えられているようです。

    「図太い」から「態度が悪いこと」に変化


    「ふてぶてしい」や「太い」が語源の「ふてこい」ですが、現代では少々意味が異なる様子。「図太い」のような相手の精神面を表す言葉というより、相手の態度を表現する言葉として使われています。

    「ふてぶてしい」や「太い」の名残が残っている部分を挙げれば、相手をネガティブに評価する点でしょう。「図々しい」といった意味を受け継いでいるためか、「ふてこい」は相手の態度の悪さを表す意味を持っています。
  • 「ふてこい」の意味

    「ふてこい」の語源は「ふてぶてしい」や「太い」であることが分かりました。では、現代ではどのような意味として使われているのでしょうか?

    ここからは、「ふてこい」の持つ様々な意味をご紹介していきます。「ふてこい」と言われたことがある人は、ぜひそのシーンを思い出しながらご覧ください。

    愛想が悪い


    話しかけても反応が悪かったり、挨拶をしても会釈だけで済ませる人はいませんか?そのような無愛想な態度のことを、関西弁では「ふてこい」と言います。

    この場合、会って話しているか、メールでやりとりしているかなど、直接対面しているかどうかは関係ありません。そのため、愛想が悪い態度は全て「ふてこい」に当てはまります。

    腹が立つ


    「ふてこい」には「腹が立つ」という意味もあります。人を馬鹿にする言動や失礼な振る舞いなど、腹立たしい態度は全て「ふてこい」と捉えて問題ありません。

    関西人と話をしているとき、怒ったような表情で「ふてこいなぁ」と言われたら要注意。知らず知らずのうちに相手の機嫌を損ねる行動を取っていた可能性があります。

    生意気


    悪印象の態度を表す「ふてこい」は、「生意気」という意味も持っています。例えば、目上の人に対してマナーがなっていない人も「ふてこい」と言われてしまうでしょう。

    立場をわきまえない言動など、目上の人が不愉快に思う態度は一般的に「生意気」と表されますが、関西地方では「ふてこい」も同じ意味を持っています。

    図々しい


    「ふてぶてしい」の名残りなのか、「ふてこい」には「図々しい」という意味合いも残っているんですよ。例えば、何においても自分だけがいい思いをしようとする厚かましい人を、関西圏では「ふてこい人」と表現します。

    少し呆れた表情で「ふてこい」と言われてしまったら、図々しい行いをしていないか振り返ってみるのが身のためです。