酒好きな女性はアリ?ナシ?分かれる「男性のホンネ」に注目!

  • 酒好き女性はナシ!な男性の「体験談」

    それでは反対に、「酒好き女性はナシ派」の意見を聞いてみましょう。実際に女性と飲んで、嫌な体験をした男性も少なくはないみたいですよ。

    「デートのたびに出費が多い」


    「今までの彼女とは昼デート行って夜は家でまったりだったんですが…酒好きな女性と付き合ったときはデートの夜必ずバーへ…。酒好きなのは良いんだけど、お金が持たないかな…」(34歳/男性/営業職)

    酒好き女性とデートすると、デート代がかかると感じている男性は多いようです。毎回居酒屋デートだけならそこまでお金はかからないかもしれませんが、次第にマンネリ化してしまいますよね。

    だからといって、毎回昼にデートして、夜も二人で飲みに出向く…という流れになると、少しお財布も厳しくなってきますよね。「基本は奢りたい!」という男性が多いでしょうが、彼の出費がキツそうだなと思う時は、女性の側から「せめて割り勘にさせて!」と申し出るときっと好感度も上がるでしょう。

    「生活面がだらしない」


    「知り合いの酒好き女性は外で飲むだけではなく家でも飲む。酒のせいで仕事に遅刻することも多いし、スーツもしわくちゃでだらしない。」(41歳/男性/IT)

    酒好きも度を越せば日常生活に支障が出てきてしまいます。毎日家でも外でも飲んでしまう癖がついてしまっては、日々の家事もままなりませんよね。

    その結果、洗濯物も間に合わず生乾きになってしまったり、アイロンをかける暇もなくブラウスがしわしわのまま出社するなんていう日も出てきてしまいます。女性はとくに身だしなみに注目されやすいですから気を付けたいところですね。

    また、翌日の業務に影響が出るくらいに平日も飲んでいるなら、それは社会人としての自覚がなさすぎます。お酒が好きだからこそ、今一度飲み方を考えておくべきでしょう。

    「酒癖が悪い人は最悪」


    「酒好きで楽しく飲める女性なら良いんです。ただ、酒を飲むといきなり泣き出す人やベタベタしだすような酒癖の悪い人は最悪です。人に迷惑はかけないでほしい。」(28歳/男性/営業職)

    酒好き女性のなかでも、自分の酒癖の悪さを自覚せずに飲み会に参加しまくる女性はとくに煙たがられます。「お酒を飲んでいないときはいい人なだけに、飲み会の参加を断りづらい…」と感じている人たちも多いようですね。

    本当に相手のことを思うのであれば、本人の酒癖の悪さを動画に収めて、後日見せてあげてください。お酒の飲み方を考える良い機会にもなりますし、なにより酒癖の悪さを本人にわからせるためにはこれが一番良い方法です。

    「酔い潰れたときの対処が面倒くさい」


    「女性が酔い潰れたときの対応は困ります。男同士なら適当に扱えるけど、女性だと触れるのにも気を遣う…。後々セクハラだと言われてもいやだし介抱もしたくない。」(23歳/男性/営業職)

    酒好き女性とお酒を飲むことに関しては、楽しいと感じている人も多いです。しかし、酔い潰れるまで飲まれてしまって、その後の対処に困った…という男性は多いのです。

    体験談でも語られているように、酔い潰れたときに女性相手だと触るのにも一苦労なのです。男性が介抱してあげたにも関わらず、後日「男が介抱したの!?セクハラ!」なんて騒がれたらたまったもんじゃありませんよね。

    いくら飲み会が楽しいからといって、節操ない飲み方をする女性はだらしなく見えるだけですよ。
  • モテる「最強酒好き女子」になるには?

    ここまで、お酒好きな女性に対する賛否両論に耳を傾けてきました。結局のところ、どのようにお酒と付き合えば男性からモテるようになるのでしょうか?その方法をご紹介します。

    楽しみつつ隙は見せない


    モテる酒好き女子は、お酒を楽しみつつも隙を見せないのが特徴です。お酒自体も、飲みの雰囲気も楽しみながらもお酒に飲まれることはなく、理性を保ち続けることができる酒好き女子もまた、素敵ですよね。

    みんな酔うとそれなりに砕けた一面も見えてくるものです。そんな一面が見れるから酒好き女子は良い!という男性もたしかに居ますが、お酒の席を楽しんでいるのにまったく酔わずに隙のない女性に惹かれるという男性も居るのです。

    意中の男性のタイプに合わせて、飲み会では隙を見せないか少し砕けるかは判断した方が良いでしょう。

    ハメをはずさない


    「酒好き女性は本音トークができるから好き」という男性が居ることも紹介してきましたが、何でもかんでも正直に話せば良いというわけではありません。ハメを外しすぎて悪口を言いまくったり、下ネタ全開の恋愛トークを繰り広げられてしまっては、男性陣はドン引きです。

    その場では盛り上がるかもしれませんが、「もしもこの人と付き合ったら自分もこんな風にネタにされるかも…」という余計な不安を男性に抱えさせてしまうおそれもあります。

    飲み会の雰囲気に飲まれることなく、ハメを外しすぎないのがモテる酒好き女子の条件のひとつだと言えるでしょう。

    体のことを考えた飲み方をする


    モテる酒好き女子は、お酒の飲み方も心得ています。自分の飲める量をしっかり把握しているので、飲む量を自分でセーブすることができます。そのため翌日に響くような飲み方は基本的にはしません。

    このタイプの酒好き女子は、飲めと周囲に促されても、「もう飲めないので」と上手くかわすことができるのも特徴です。「周囲に流されず自己管理がきちんとできる女性」はとても魅力的に映りますよね。

    飲み会に楽しさを追求しつつも、自分の体に無理をさせないのが大人のお酒の嗜みです。これを身に付けるだけでモテる酒好き女子にグッと近づけますよ。

    周囲の状況を見通せる冷静さを持つようにする


    お酒を飲んでいるときに自分が楽しむことだけを考えるのではなく、周囲に気を配れる余裕を持っているのがモテる酒好き女子です。

    周囲を見渡してつまらなさそうな顔をしている人が居れば、その人の様子をうかがいに行ったり…。また、気分が悪そうにしている人がいれば真っ先に気付いて介抱できるような気持ちの余裕と視野の広さを持ちましょう。

    ですが、これはいきなり身に付けられるスキルではないですよね。慣れないうちは自分が酔わないようにしないと、判断力が鈍って飲み会中に空回りしてしまうだけです。「自分には裏方の役割は向かないな…」と感じている人は、無理してまでこの振る舞いを習得する必要はありません。

    どうしても上手くいかない…と悩んでいる人は、身近に「飲み会中気の回る人がいるな」と思ったら、その人の所作を観察してみてください。きっと参考になるはずですよ。

    必ず終電までに帰る


    合コンなどでは「お持ち帰り」を狙う人が多いですよね。しかし、それに乗らないのがモテる酒好き女子です。モテる酒好き女子は、ケジメをしっかりつけています。どんなに飲み会が盛り上がっても、イイ感じな男性ができたとしても、「終電には帰る」という習慣をつけるようにしましょう。

    イイ感じになっていた男性なら、終電で帰るあなたのことが気になって仕方ないはず。もしかしたら後日デートに誘ってくれるかもしれません。

    「カタイな~」と言ってくる男性もいるかもしれませんが、そのような男性は相手にする必要はありません。むしろ、「夜道は危ないから」と駅までエスコートしてくれるくらいの男性の方が誠実で好感が持てますよね。

    人は酔うと本性が出やすいですから、女性側は「終電で帰る」と言った時の男性の反応で今後の付き合いを判断するのもアリかもしれませんよ。