「自信がない女性」の理由や心理・恋愛の特徴とは?男の本音も紹介!

  • 自分に自信がないとどんなデメリットが?

    自信がない性格や思考をそのままにしておくと、こんなデメリットに遭遇することがあります。私生活、恋愛を思い切り楽しむなら自信のなさは改善したいもの。自信がないがゆえのデメリットにはこのようなことがあります。

    男性がアプローチしづらい


    男性がアプローチをしてくれても自信がないので、「私なんかを相手にしたらダメだよ」「私なんかといてもつまらないよ」と、アプローチをかわしてしまうことがあります。

    せっかくアプローチしているのにかわされてしまうと、男性もさらにアプローチしたくてもしづらいですし、諦めてしまうかもしれませんね。

    自信のない女性は他の人よりも劣っていると考えコンプレックスにしているので、男性に対しても「私は釣り合わない」と考えてしまうのでしょう。

    表情が暗くなってしまう


    自分のことを「かわいい」「美人」とポジティブに思っている女性は表情にもポジティブさが現れ、本当に女性として輝いている明るい表情を持っています。

    しかし、逆に「自分はブスだ」と思うようになると表情も暗くなっていってしまうので、それが雰囲気や表情に出てしまっているのかもしれませんね。

    暗い感情が表情に出てしまうようなネガティブな考えは、余計に容姿の評価を落とす原因になってしまう可能性が高いので、極力明るい感情でいることが大切です。

    いじられ役になってしまう


    自分に自信がない女性は周囲から見てからかいやすい存在。ときにはコンプレックスに思っていることをいじられて傷ついてしまうこともあるでしょう。

    人をいじるような人は気が弱く反抗してこない人を選んでやっていることが多いです。自信がない女性は意見を通せず、されるがままになってしまうことが多いので、いじられ役として目を付けられがち。

    好きな男性からも「いじめられるなんて暗い人なんだな」「ださい」「巻き込まれたくない」と思われるきっかけになってしまうかもしれません。

    オシャレに興味がなくなってしまう


    自信がないと「オシャレをしたところで無駄」と思うようになってしまい、だんだん新しい服を買ったり、ヘアスタイルのアレンジが面倒くさいと思うようになってしまいます。

    オシャレに興味がなくなってしまえば男性の評価も下がり、男性からのアプローチが減ってしまう可能性があります。そうなると恋愛の機会も少なくなってしまうので、前向きに恋愛をしたいと考えるならば、ある程度のオシャレはするように心がけましょう。