「35歳男性」の魅力と恋愛のコツ!“地雷”タイプも合わせてご紹介

  • 35歳男性が求めている「理想の女性」とは

    とても魅力的な35歳男性が恋愛で求める理想の女性像とは、一体どのようなものでしょうか。ここでは、35歳男性が「交際したい!」と思う女性の性格について詳しく解説します。

    多忙な生活をサポートしてくれる


    仕事が忙しい男性であれば、多忙な生活をサポートしてくれる女性と恋愛したいと考える人が多いのではないでしょうか。しかし、サポートの意味を履き違えて「お節介」を焼いてしまう女性も中にはいます。過剰にお世話したりスケジュールを逐一把握しようとすると、男性は息が詰まってしまうので、注意しましょう。

    また、仕事でクタクタになっている男性に対して「お説教」をするのもNGです。話を聞いてもらいたいだけの相手に、「そんなミスをしたの?」「その場合は〜して、〜すると良いよ」などと返答したら、男性のプライドを傷つけてしまいます。

    この場合は「そうだったんだね、お疲れ様」などと声をかけた方が男性は癒されることでしょう。そして、こうして心を癒すことも立派なサポートとなるのです。

    献身的で家庭的


    35歳からスタートする恋愛は、結婚を前提にしていることがほとんどでしょう。そのため、献身的で家庭的な女性を理想とする男性も多くいます。

    献身的という言葉の意味は、自分以外の誰かに懸命に尽くすということです。具体的な例としては、風邪をひいた時に看病したり、生活を共にする上で困ったことがないように先回りして行動したりすることを指します。そして、料理に力を入れたり、家の中を居心地よく整えたりするなど、家庭的であることもポイントです。

    とはいえ、献身的で家庭的な振る舞いは、時間と気持ちに余裕がないとできないですよね。お互いにそのような行動をとり合いながら生活するのが理想でしょう。一方的に尽くすためではなく、お互いに支え合うためだと考えると、献身的で家庭的な女性を目指す意欲が湧いてくるのではないでしょうか。

    自分を理解してくれる


    男性よりも高収入の女性はたくさんいますが、結婚したら自分が家族を養っていくのだと考えている男性も依然として多いです。そのような男性は仕事に精を出すと同時に、一家の大黒柱というプレッシャーとも常に闘い続けていくことになります。そうなると、自然と求めてしまうのが自分のことを理解してくれる母性的な女性なのです。

    例えば、仕事でミスをして帰ってきたり、うまくいかずに落ち込んでいたりすることもあるでしょう。そんな時、そっと抱きしめてくれたり、責めずに温かい食事を出してくれたりすると、どんな自分でも受け入れて理解してくれているのだと男性は感じるのです。

    価値観が近い女性


    35歳の男性が恋愛をしていて「一緒にいるとラクだな」「居心地が良いな」と感じる女性は、年齢差よりも価値観が近い女性です。好きな食べ物の好みが似ているだけでも、食事の時間が楽しくなりますよね。また、どんなものにお金をかけて何を節約するのかといった金銭的な価値観が近い人も、素敵なパートナーとなることでしょう。

    そして、意外と見落としがちなのが、家柄や学歴といった教養です。楽しく恋愛している最中は「好きになったらそんなの関係ない」「ちょっとおバカなところが可愛らしい」と考える人もいることでしょう。しかし、教養の面で価値観が合わない場合、結婚して数年も経つ頃には、知識の差によって上下関係が生まれてしまう可能性もあります。

    価値観が合う合わないは、意外と重要なことなのです。