「Eカップのおっぱい=巨乳?」男女が持つイメージの違いに驚き!

  • Eカップのおっぱいってどんな感じ?

    日本人女性でEカップは珍しいのでは?と思っている人も少なくありません。Eカップのおっぱい、実際にはどのくらいの大きさなのか知っていますか?Eカップのおっぱいについて詳しく紹介していきます。

    「Eカップ」の定義


    Eカップとは、アンダーバストとトップバスとの差が約20センチくらいのサイズのおっぱいのこと。想像してみるだけでもかなり巨乳だということが分かりますよね。

    このくらいのおっぱいであれば、服の上からでも巨乳であることが分かるレベルだと言えるでしょう。

    Eカップの重さ


    アンダーバストが小さいほど重さも少なくなりますが、Eカップのおっぱいは約1キロくらいの重さがあります。梨約2個分の重さだと考えましょう。おっぱいと言っても脂肪なので、やはり大きければ大きいだけ重くなりますよね。

    巨乳に憧れる女性は多いかもしれませんが、約1キロくらいの重さのものをいつも持ちあるくのは大変です。肩こりや首凝りに悩まされている女性は少なくないでしょう。

    Eカップの女性はどれくらいいる?


    Eカップとは、服の上からの見た目で巨乳だと判断できるくらいの大きさです。Eカップだと思えるくらいの女性に出会う機会はなかなかないでしょう。

    日本人女性の場合、Eカップの女性は約1割程度だと言われていますので、それほど多い数字ではありません。