デートの別れ際にキスする男性心理|本命の見極め方と可愛い対応法!

  • デートの別れ際にキスする男性心理【part2】

    まだキスをしていない男女にとって、キスという行為はとても勇気がいることです。おそらく、男性の頭の中はいろんな感情でいっぱいになっているでしょう。

    デートの別れ際にキスをする男性心理は、まだまだあります。

    ここからは、少し残念な男性心理をご紹介します。

    挨拶がわり


    女性に慣れている男性の場合、キスはそんなに重要ではないこともあります。デートをして別れ際にキスをするのは、相手への配慮だと考える男性も多くいるのです。

    その行為の中には「ありがとう、楽しかったよ」という気持ちが含まれているはずです。海外ではキスは挨拶として行われていますが、それに似た条件反射のようなものでしょう。

    明らかに女の子の扱いに慣れている男性や、キスをしてすぐに「じゃあね」とあっさり帰ってしまう男性の場合、そこまで重要な意味はないのかもしれません。

    性的な関係を狙っている


    ディナーを終えて、そろそろ帰ろうかなという雰囲気を出した途端にキスをしてくる場合、あなたとの性的な関係を持ちたいと感じている可能性があります。

    付き合いたてのカップルの場合は、そろそろ先に進みたいと思っている段階なのかもしれません。言葉にして「そろそろどう?」と聞くのは勇気がいりますよね。キスで相手の反応を見つつ、自然にもっていくのが理想的です。

    また、交際をしていない場合は、あわよくばという感情が働いている可能性があります。その前に彼の気持ちを確かめることが先決です。

    自分の気持ちを確かめたい


    「好き」という感情にもいろいろな度合があります。「気になっている人」と「好きな人」では、気持ちの大きさが全く違うでしょう。

    そんな曖昧な感情でデートをしている場合、キスをして自分の気持ちを確かめようとする場合があります。キスをして自分の感情が高ぶるのかどうかを試しているのです。

    キスをしてもっと気持ちが大きくなれば、今まで以上に積極的にアピールしてくるでしょう。反対に、キスをして違和感を感じた場合は連絡が徐々に減ってくるかもしれませんので、その後の行動で、男性の真意を読み取りましょう。
  • 【パターン別】デートの別れ際のキスの対処法

    デートの別れ際に突然キスをされたら、心の準備もできていないため、驚きの感情の方が大きくてどう対応したらいいか分からない人が多いでしょう。

    きちんと告白をされたのであれば、それに対して答えれはいいだけですが、キスだけでは答えようがありません。

    ここでは、デートの別れ際のキスの対処法について、状況別にご紹介していきます。

    関係がはっきりしない場合は確かめる


    まだ付き合っていない段階での別れ際のキスの場合、第一にすることは相手との関係性をきちんと確かめることです。

    どんなに自分が相手のことを好きだとしても、相手はどう思っているか分かりません。体だけが目的である可能性も考慮した方がいいでしょう。

    「なんのキス?」「私たちってどういう関係?」とはっきり確認してください。そこですぐに答えられなかったり言葉を濁す場合は、相手にとってはまだ付き合う段階ではないということでしょう。

    好意がない場合はその場から離れる


    相手に対しての好意が全くない場合は、彼の気持ちは関係なく、自分の気持ちを示しましょう。「ごめん、その気はない」とはっきり言えるのが理想的ですが、嫌いじゃない相手を拒否することは難しいですよね。

    その場合は、キスをしたあと「じゃあね」と別れを告げてその場から立ち去りましょう。家に帰ってから彼との関係性をゆっくり考えてみてください。

    その後、彼のほうから告白してきてくれれば、はっきり断ることができますし、次のデートを拒否することもできます。

    好意がある場合は流れに身を任せる


    デートを思いっきり楽しんで余韻に浸っている最中の別れ際のキスは、相手が好きな人だった場合、とても幸せなことです。キスをされて「嬉しい」と感じたのであれば、流れに身を任せてみるのもいいでしょう。

    そのまま何度もキスを交わすのもいいですし、もっと一緒にいたければ、そのまま彼の家に行ってもいいでしょう。

    その場合、注意すべき点は、やはり彼の気持ちです。幸せな気分に舞い上がりすぎて、都合のいい女にならないように、相手の気持ちはきちんと確かめておいてください。

    何回目のデートかによる


    別れ際のキスの対処法は、何回目のデートかによって変わってきます。

    出会って1~2回目のデートの場合は、もったいぶる意味でもこちらから積極的にアクションを起こさない方がいいでしょう。まだ、お互いのことを十分に知れていない段階で、次に進むのはリスクが大きいです。

    しかし3回目以降のデートの場合は、そろそろ次の段階に進むべきときなのかもしれません。相手に身を任せて、彼の出方を待ってみましょう。