デートの別れ際にキスする男性心理|本命の見極め方と可愛い対応法!

交際して間もないデートでは「いつキスしてくれるかな?」と期待して待っている女性も多いでしょう。そんな中、男性が初めてキスをしたのが別れ際だったという人が少なくないようです。なぜわざわざ時間のない別れ際にキスをしてくるしてくるのでしょう?男性心理に迫ってみます。

  • デートの別れ際にキスする男性は多い?

    彼とのデートを楽しんだあとに、別れ際にキスされたことはありませんか?「もうこれでデートが終わっちゃうんだ」と寂しく思っているときの突然のキスは、驚きと嬉しさが混じったような、甘酸っぱい気持ちになるものです。

    今回は、男性がなぜ別れ際にキスをしたくなるのか、その心理や彼の本心を見抜く方法をご紹介していきます。

    別れ際のキスはベストなタイミング


    カップル同士の別れ際のキスは「もっと早くキスしてくれれば、長い時間いちゃいちゃできたのに」と、物足りない気分にもなるでしょう。また、恋人関係でもないにも関わらずキスをされた場合は彼の真意が気になるはずです。

    「今日は彼女とキスをしよう」そう意気込んでいる男性にとっては、デート中ずっとそのことが頭から離れないでしょう。デートはキスをするまでの準備時間。帰り際にやっと、その準備が整っています。

    また、デート中の行動や仕草で、彼女の気持ちを確かめている可能性もあるでしょう。そういった意味では、実は男性にとって、別れ際のキスはキスをしやすいベストなタイミングなのです。

    恥ずかしがりやな男性ほど別れ際のキスをする


    「キスをして彼女に拒否られたらどうしよう」「気まずくなったらどうしよう」そう不安を抱えている男性の方が、別れ際にキスをしやすいです。

    その理由は、その後の心配が少ないから。別れ際のキスの場合、キスをしてすぐに「バイバイ」と帰宅しても不自然ではありません。

    彼女の反応が怖くてできないのであれば、反応を見なくて済む別れ際にキスをすればいいだけ。もし、気まずくなってもすぐに帰ることが出来るという状況が、彼に勇気を与えるのでしょう。
  • デートの別れ際にキスする男性心理

    2人きりのときや、車の中、綺麗な夜景を見ている最中など、デート中にもキスをするタイミングは他にもあったはずです。

    なぜ、時間がたっぷりあるデート中ではなく、別れ際にキスをしたのか?その部分が気になる人が多いのではないでしょうか?

    デートの帰り際にキスをする男性の心理を探ってみましょう。

    デート中にキスするタイミングがなかった


    カップルのデートといえば、ショッピングやランチ、映画館やカラオケなどが一般的でしょう。そのようなデートの場合、デート先のほとんどが人が多く集まる場所になります。人が多いところで、いきなりキスをするようなアメリカンな男性はなかなかいないでしょう。

    やっと2人きりになれる場所が帰り道や別れ際です。道端であっても、人がいないかどうかじっくり確認することができます。

    デート中ではキスをするタイミングがなかったため、帰り際に思い切ってするしかない状況に追い込まれる場合は多いようです。

    もっと一緒にいたい


    デートの帰り際にキスをするのは、「もっと一緒にいたい」という気持ちの表れです。

    まだ交際に至っていないカップルや付き合って間もないカップルにとって、キスをすることは重大イベントです。女の子からすると、その重大イベントが行われたあと、「じゃあね、バイバイ」とあっさりとさよならをするわけにはいきませんよね?

    わざわざ別れ際にもってくるのは、「まだ離れたくない、もっと近くにいたい」と行動で示しているのでしょう。

    愛情が溢れてくる


    人は、離れていけば離れていくほど追いかけたくなる性質を持っています。時間がなければないほど時間が欲しいと感じるし、手に入りにくいものほど手に入れたいと思うでしょう。

    デートの別れ際には、それと同じような感情が働きます。「これでデートは終わってしまうんだ」そう思うことで、どんどん離れたくなくなってしまうのです。

    その感情が現れると、彼女の存在が自分の中で急激に大きくなって、今まで以上に愛情が溢れてきます。あえて別れ際を選んだのではなく、別れ際だからこそ彼女のことが愛おしくなってしまい、キスをする男性も多いようです。

    今だったら勇気を出せるかも


    デートの別れ際は、いつも以上に勇気が出ると感じませんか?

    例えば、告白をすると考えてください。デートに誘って、「今日こそは告白しよう」そのように意気込んでいる場合でも、デートの最中に告白する人は少ないでしょう。ほとんどの人がデートの別れ際に告白をすると思われます。

    デートの帰り際は、何があってもすぐに「バイバイ」できるので、普段以上に勇気が湧いてくるのです。キスをして、もし彼女に嫌な顔をされても、最悪の場合「ごめんね」と言って逃げることができます。

    自分のことを好きになってほしい


    帰り際のキスは、相手と別れたあとも頭に残ります。新しい記憶の方が強く印象に残りやすいですよね。その人間の心理を利用して、デートの別れ際にキスをすることで、自分のことを強く印象付けようとしているのでしょう。

    家に帰ってからもドキドキしている、彼のことが頭から離れなくなった、という人は彼の作戦にハマってしまったということです。

    彼女にたっぷり考える時間を与えて「俺とのこと考えておいて」「もっと好きになって」とアピールをしている可能性があります。

    次のデートを匂わせている


    デートの別れ際にキスをするのは、「楽しかったよ」と行動で示している可能性が高いです。楽しくなかったデートで、キスをする人なんていませんよね?その点から推測しても、キスをするということは、相手に対して好意がある証拠といえますよね。

    女性からしても、キスをされたということはデートが成功したんだと確信することができるでしょう。

    お互いに好意があるカップルの場合は、言葉にせずともキスという行為があるだけで、お互いの気持ちを確認することができます。次のデートもすぐに決まるはずです。

    彼女の気持ちを確かめたい


    男性から女性にいきなりキスをする場合、少なからず「相手の気持ちを確かめたい」という気持ちが含まれています。

    キスをして、相手の反応を見ることで、受け入れてもらえるかどうかを試しているのです。特に自分の気持ちを言葉で表現することが苦手な人は、行動で示してくる場合があります。

    「好きなんだけど、俺のことどう思ってる?」と聞きたくても聞けずに、キスで自分の気持ちを表し、さらに彼女の気持ちを確かめています。特に、付き合っているか付き合っていないか曖昧な状況のときに、多くあるケースです。