相手が急に冷たくなった原因とは?男女別の心理と対処法を解説!

  • 急に冷たくなった恋人への対処法!

    急に冷たくなった理由や相手の本音が見えたら、今度はそれに適した対処法をとることが大切です。しかし、対処法といっても深刻に考える必要はありません。

    ここでは、急に冷たくなった相手への対処法を見ていきましょう。二人の仲がもっと近付くチャンスでもありますから、ぜひ試してみてくださいね。

    少し時間をおいて様子をみる


    急に冷たくなったとしても、恋人同士とはいえお互い大人なのですから、詮索しすぎてはいけません。焦らずに少し時間をおいて、様子を見るようにしましょう。

    恋人が何を望んでいるのかがわかれば、それに応えることができます。しかし、急に冷たくなった理由が相手の気持ちの問題なら、「何があったの?」と問いただすことは逆効果になるため注意しましょう。

    それよりも、大きな気持ちで見守ってあげることが大切です。そんな懐の大きさを見せることで、恋人は素直になってくれるでしょう。

    友人を通じて聞いてもらう


    共通の友人がいるなら、その友人に何があったのか聞いてもらうという手があります。その時は、あくまでも「友人から見て様子が変だから」という体裁で聞いてもらうと良いでしょう。

    あなたに言えないことでも友人になら話せるかもしれませんし、共通の友人であれば、恋人もあなたに伝わると期待して話すかもしれません。

    ただし、お願いするのは信頼できる友人に限ります。そうでなければ、あることないこと他人に言いふらされる可能性があるからです。

    いつもと違うデートの提案


    マンネリでの馴れ合いが二人の関係にすきま風を吹かせて、急に冷たくなったということも考えられます。マンネリは不仲や浮気の原因にもなるため、できるだけ避けたいですよね。

    マンネリ化防止には、いつもと違うデートを提案してみましょう。部屋でゲームばかりしているのなら散歩してみるとか、近場に旅行に出かけてみてはいかがでしょう?

    どちらも気分転換になるのでおすすめです。刺激を与えられるようなデートの仕方を研究してみてくださいね。

    急に冷たくなっても気にしない


    恋人が急に冷たくなっても、気にしないでいつもどおり過ごすという方法もあります。無理に気を使うのは疲れてしまいますよね。

    また、ご機嫌取りのようなあなたの態度を見て、恋人がますますへそを曲げてしまうかもしれません。あなたが気にせず話したいことを話していれば、そのうち相手も普通の態度に戻ってくれるでしょう。

    恋人自身に「拗ねても怒ってもどうにもならない」「怒っている時間がもったいない」と自覚してもらうことで、今後そのような態度が減る可能性も期待できます。

    冷たくなったからこそ愛情表現を


    恋人が急に冷たくなったとき、愛情表現が不足していることも大きな原因の一つになり得ます。そのため、普段から愛情表現はするようにしましょう。

    好きな気持ちは思っているだけでは伝わらないこともあります。自分の気持ちを大いに伝えてくださいね。

    男性の中には恥ずかしいと思う人もいるでしょうが、女性は言葉で愛情表現されると嬉しいものです。二人の関係性を良好にするために頑張りましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)