相手が急に冷たくなった原因とは?男女別の心理と対処法を解説!

  • 急に冷たくなった恋人の「本音」の見極め方

    急に冷たくなった恋人の本音を知ることはとても大切です。なぜなら、本音を知ることで正しい対処法をとることができるからです。

    さらに、今後の関係を左右することにもなるため、正確に見極めましょう。では、恋人の本音を見極めるためには、いったいどんなことをしたらいいのでしょうか?

    ここでは、急に冷たくなった恋人の本音を見極めるための方法を、詳しく解説していきます。

    こちらから誘って反応をみる


    恋人が急に冷たくなったとき、嫌われたのかも?と思うのは普通の心理です。そのため、自分からアクションをとることに躊躇する人もいるでしょう。

    しかし、そこで尻込みして何もしないのではなく、逆に相手を誘い出して反応を見てください。例えば、デート中にあなたからさりげなく手を繋いでみるなどしてみましょう。

    そのとき恋人が躊躇したり嫌がったなら、あなたに対する気持ちは冷めている可能性が強いです。あえて恋人のパーソナルスペースに入り、あなたに対する気持ちを確かめてみしょう。

    LINEで連絡してみる


    よく「LINEの返信の速さで相手の気持ちがわかる」といいます。中には、駆け引きのためすぐに返信しないという人もいますが、普通、恋人関係であれば何かあったのではないかとすぐに返信してしまうものです。

    ですから、あなたのほうからLINEで連絡してみましょう。ただし、仕事中のLINEは控えましょう。忙しいときのLINEは悪い印象を与えてしまうからです。

    普段から返信が遅い場合は見極めが難しいですが、いつもよりも早めに返信が来たら、恋人の気持ちはまだ冷めていないでしょう。

    他の異性の話題を出す


    恋人から他の異性の話題が出れば、好きな気持ちが強いほど不安になるものです。その心理を利用して、恋人に他の異性の話をしてみましょう。

    急に不機嫌になったり怒るのであれば、恋人の本音は「好き」だとわかりますね。しかし、逆に興味がなさそうな態度であれば、もう気持ちが離れている可能性があります。

    好き避けするような人は、ワザとそっけない素振りをすることもあります。しかし、心の中では嫉妬しているので、動揺している様子がみられるでしょう。

    思い切ってこちらから連絡するのをやめる


    先ほど、恋人に連絡してみる方法を紹介しましたが、恋人の本音を確かめたいなら、こちらからの連絡を控えてみるのも手です。どんな本音があったとしても、急に冷たくなった恋人に対しての強い意思表示になりますし、相手の本音が良くわかるはずです。

    特に、いつもあなたから連絡することが多い場合、恋人は何事かと焦って連絡してくるでしょう。あなたへの気持ちが冷めているのなら、これをきっかけに自然消滅を狙う可能性があります。

    後者であった場合、急に冷たくなった恋人の本音を知ってショックを受けるでしょう。しかし、無理につなぎ留めようとするのはNG。さらにあなた自身を傷つける結果になりかねません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)