滋賀弁(近江弁)を徹底解説!滋賀の可愛い方言&面白い表現も紹介

関西圏で話されているのは、すべて大阪弁や京都弁だと思っていませんか?実際は県によって微妙に違っていて、それぞれの魅力があります。滋賀県では、滋賀弁または近江弁と呼ばれる方言が使われており、大阪弁や京都弁とはまた別の魅力があるんです。今回は、そんな「滋賀弁」の魅力を徹底解説します。

  • 滋賀県の方言は大阪弁とは少し違う!

    滋賀県の方言と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持ちますか?大阪や京都に近いので、関西弁と同じだろうと思っている方もいるのではないでしょうか。イントネーション等は共通するところもありますが、実際は同じ関西圏でも大阪弁や京都弁とはやや異なる部分があります。

    滋賀県の方言は、一般的に近江弁または滋賀弁などと呼ばれています。歴史上、上方と呼ばれる京都や大阪と東日本を結ぶ交通の要衝であった経緯から、周辺の言語からの影響が強いのが特徴です。

    特に、京都と大阪からの影響は強く、共通する部分もありますが、同時に独特の表現もたくさんあります。今回は、そんな近江弁の特徴や、近江弁ならではの可愛い表現などを見ていきましょう。