滋賀弁(近江弁)を徹底解説!滋賀の可愛い方言&面白い表現も紹介

関西圏で話されているのは、すべて大阪弁や京都弁だと思っていませんか?実際は県によって微妙に違っていて、それぞれの魅力があります。滋賀県では、滋賀弁または近江弁と呼ばれる方言が使われており、大阪弁や京都弁とはまた別の魅力があるんです。今回は、そんな「滋賀弁」の魅力を徹底解説します。

  • 滋賀県の方言は大阪弁とは少し違う!

    滋賀県の方言と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持ちますか?大阪や京都に近いので、関西弁と同じだろうと思っている方もいるのではないでしょうか。イントネーション等は共通するところもありますが、実際は同じ関西圏でも大阪弁や京都弁とはやや異なる部分があります。

    滋賀県の方言は、一般的に近江弁または滋賀弁などと呼ばれています。歴史上、上方と呼ばれる京都や大阪と東日本を結ぶ交通の要衝であった経緯から、周辺の言語からの影響が強いのが特徴です。

    特に、京都と大阪からの影響は強く、共通する部分もありますが、同時に独特の表現もたくさんあります。今回は、そんな近江弁の特徴や、近江弁ならではの可愛い表現などを見ていきましょう。
  • 滋賀弁(近江弁)の特徴

    滋賀弁(近江弁)の特徴とは、どういったものなのでしょうか?まずは、滋賀弁(近江弁)の特徴と、ほかの関西弁との共通点や違いについて見ていきましょう。

    地区ごとに若干異なり4つの種類がある


    ご存じのように、滋賀県は琵琶湖で有名ですよね。琵琶湖は県の中心に位置し、県の面積の6割を占めている日本最大の湖です。滋賀県はこの琵琶湖を中心に湖東、湖西、湖南、湖北の4つの地域に分けられています。

    そして滋賀弁は、それぞれ湖東方言、湖西方言、湖南方言、湖北方言と、地域ごとに若干異なっています。この違いは、前述の歴史的な経緯により、それぞれ隣接した地域の方言が影響しているために生じたものとのこと。

    京都に隣接している湖南は京都弁の影響が強く、湖南方言には京都弁と共通する部分がたくさんあります。京都から最も離れた湖北は京都弁の影響が薄く、湖北、湖東では美濃弁、湖西では若狭弁の影響が色濃く反映されているようです。

    基本のアクセント等は大阪弁とほぼ同じ


    大阪弁や京都弁の影響を大きく受けている滋賀弁のアクセントは、基本的には他の関西弁とほぼ同様で、一般的に京阪式アクセントにカテゴライズされます。

    関西弁に慣れている方であれば割と自然に聞き取れるでしょうし、それ以外の方であれば関西弁と勘違いするかもしれません。滋賀弁が関西弁と同じと思われるのは、アクセントがほぼ同じであることが主な理由の一つ。

    ただ、滋賀弁の場合は前述のように地域で違いがあり、アクセントにおいても若干異なっています。特に、美濃弁の影響が強い湖北方言では、京都弁の影響が薄れているためアクセントが微妙に違うようです。

    滋賀弁も活用法は関西弁とほぼ同じ


    動詞などの活用は、ほかの関西弁とほぼ同じです。例えば「言った」「買った」などは、それぞれ「言うた」「買うた(こうた)」と変化します。また、「思った」「笑った」は、「おもた」「わろた」と変化します。

    さらに、「~でしょ?」は「~やろ?」と表現されますが、このような言い回しは関西弁と同じですので、聞き慣れているのではないでしょうか。その他にも、「無い」「良い」が「無うて(のうて)」「良うて(ようて)」のように使われます。

    滋賀弁は音が変わる


    母音や子音が変わることがあるのも、滋賀弁の興味深い特徴の一つです。例えば「寒い(さむい)」が「さぶい」になったり、「冷たい(つめたい)」が「つべたい・ちべたい」になるなど、音そのものが変わることがあります。

    更に「ひ」と「し」が入れ替わることがあります。例えば「質(しち)」が「ひち」になったり、「人(ひと)」が「しと」になる等です。

    また、湖北方言では形容詞「~い」が「~ぇ」に変化するという特徴があり、例えば「赤い」が「赤ぇ(あけぇ)」「白い」が「白ぇ(しれぇ)」と変化することがあるようです。