「寝取られ願望」を持つ男性心理|その原因や彼氏への対処法とは?

寝取られ願望を持つ男性は思っている以上に多いです。この記事では、寝取られ願望を持つ男性の心理や原因、体験談など、寝取られ願望について幅広く解説していきます。寝取られ願望について興味がある、理解を深めたいという方は、是非最後までご覧ください。

  • そもそも「寝取られ願望」とは?

    「寝取られ願望」について詳しく知らない方もいらっしゃるでしょう。まずはじめに「寝取られ願望」とはどのような願望か、ということについて紹介します。

    「寝取られ願望」の意味


    「寝取られ願望」とは、妻や彼女といった自分のパートナーが、自分以外の男性と性交することを望んでしまう願望を意味します。

    一般的にみれば、パートナーが他人と性交するのは考えたくもないという人が大半ですが、それを見て興奮を覚える人もいるのです。ちなみにネット用語では、「NTR」と呼ばれています。

    「寝取られ願望」を持つ男性は意外と多い?


    寝取られ願望を持つ男性など本当に存在するの?という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。実はアメリカでは、なんと58%もの男性が寝取られ願望を持っているという調査データがあるのです。半数以上とは驚きですよね。

    日本における正確な数値は不明ですが、NTRというネット用語が普及していることや、SNSで寝取られ願望に関する投稿も数多く見受けられることから、寝取られ願望を持つ男性は日本にも数多くいることが推測できます。

    寝取られ願望は理解してもらえる?


    寝取られ願望の意味を知って「そんな願望理解できない!」と感じた方も多いでしょう。実際、寝取られ願望を理解してもらうことは、非常に難しいです。パートナーがそのような願望を持っているだけで、別れを選択する方もいるのが現実です。

    しかし、100%理解してもらえないのかというと、そんなことはありません。理解してもらうためには男性本人が勇気をもって本音を話すことと、女性側の理解するための努力が必要不可欠です。

    理解したくても全くできないという方は、寝取られ願望を持つ男性の心理や、寝取られ願望を持つに至った原因などを知ることから始めていきましょう。
  • 「寝取られ願望」を持つ男性の心理

    「寝取られ願望」について全く理解できないという方もいらっしゃるでしょう。寝取られ願望を持つ男性の心理が分かれば、少しは理解できるはず。ここでは寝取られ願望を持つ男性の心理について解説します。

    嫉妬心で興奮したい


    寝取られ願望がある男性は、パートナーが他の男性に寝取られても平気なように思えますが、そうではありません。大切なパートナーであるからこそ、相手の男性に対しての嫉妬心が生まれ、その嫉妬心でとても興奮してしまうのです。

    パートナーのことが大切でなければ嫉妬心は生まれません。他の男性に寝取られ、嫉妬心が生まれることにより、パートナーに対しての気持ちが増したり、次のセックス時にいつも以上に燃え上がることができるのです。

    相手への愛情を確認したい


    自分自身のパートナーへの気持ちを再確認するために、寝取られ願望を持つ男性もいます。パートナーが寝取られているところを見たら、大抵の場合は嫉妬心が芽生えるでしょう。何も感じないようであれば、大切ではないのかも。

    セックスレスや愛情が冷めたと感じていたカップルが、寝取られたことをきっかけに再燃したケースもあります。寝取られ願望を持つ男性は、寝取られることが愛情を再確認する良いきっかけと考えているといえるでしょう。

    対抗心を燃やしたい


    寝取られ願望を持つ男性には、寝取られることによって対抗心を燃やしたいという心理が潜んでいます。寝取られ、乱れているパートナーを見ることで「自分ならもっと満たしてあげられる」「パートナーを最も満足させることができるのは自分だ!」といった対抗心が生まれ、それがまた快感であり興奮するのです。

    対抗心が生まれることにより、パートナーとの性交でそれまで以上に「満たしてあげたい」という気持ちが生まれ、熱い時間を過ごせるようになります。

    パートナーの別の顔をみたい


    何度も性交をし、見慣れてしまったパートナーの姿。しかし他の男性に寝取られているところを客観的に見ることで、これまで見ることのできなかったパートナーの別の顔を見ることができます。

    普段自分には見せない姿を目の当たりにすることで、嫉妬心に加え、独占欲も刺激されます。そして、パートナーの性交を客観的に見ることによって女性としての魅力を再確認することができるため、とても興奮するのです。