好きと愛してるの違いを知ろう。彼から愛されて幸せを掴む方法とは

「好き」と「愛してる」の違いは非常にわかりにくいもの。自分が恋人を好きなのか、それとも愛してるのかわからないと、気持ちに自信が持てず、悩んでしまうこともあるでしょう。そこで今回は、「好き」と「愛してる」の違いに注目。彼から愛されるためのポイントも解説していきます。

  • 好き?愛してる?彼の心理が気になる!

    恋をすると、これは恋なのか、それとも愛なのか悩んでしまう人もいるでしょう。英語では恋も愛も「LOVE」で表記されるため、どちらも同じものではないかと感じている人もいます。

    しかし、実際に恋をして誰かを愛してみたら、恋と愛の違いがなんとなくわかってきたという人もいるでしょう。「好き」と「愛してる」という気持ちは似て非なるものです。実は明確な違いがあり、自らその違いを気づける人はそう多くはありません。だからこそ、人は恋と愛に悩むと言えます。

    「好き」と「愛してる」の違いを知っていれば、自分の本当の気持ちに気づけるでしょう。また、愛してもらえる存在に近づけるようにもなるはずです。
  • 好きと愛してる、言葉の意味や違いとは

    「好き」と「愛してる」、このふたつの言葉の意味や違いを皆さんはどのように解釈していますか?なんとなく同じように感じている人は少なくないでしょう。

    この二つの言葉に明確な違いがあるとするならば、それは「受け入れてほしいと願うか、受け入れられるか」だと言えます。具体的にどのようなことなのか、解説していきましょう。

    「好き」の意味


    「好き」という感情は、おそらくほとんどの人は片思いの人に対して最初に抱くのではないでしょうか?「気になる」が「好き」になり、やがて「付き合いたい」と思うようになります。とても自然な気持ちですね。

    気持ちの向く方向で考えてみると、「好き」は「相手を一方的に思う気持ち」と解釈できます。片思いの気持ちは相手を一方的に思う気持ちです。わかりやすく言えば「相手に受け入れてほしい」と思う気持ちだと言えるでしょう。

    恋人に対しても「好き」という気持ちを抱くことがあります。両思いだったとしても、恋人に対して「自分を理解してほしい」「受け入れてほしい」と強く思うことがあるでしょう。これも好きという一方的な気持ちだと言えるのです。

    「愛してる」の意味


    基本的に「愛してる」という気持ちは、恋愛に限定すれば、恋を経て感じるものです。一方的に相手を思う中で、いつしかそれが両思いになり、相手への理解が深まっていきます。そうなってくると「受け入れてほしい」ではなく「相手を受け入れたい、理解したい」という気持ちが芽生えてくるでしょう。これが「愛」と表現されています。

    ただし、たまに「相手を受け入れたい」という一方的な気持ちを押し付けて、それを「愛」だと勘違いする人も少なくありません。愛は基本的に受け入れるものであり、押し付けるものではありません。

    「理解したい」という気持ちを持つことは愛ですが、それを押し付けることは愛ではなく「好き」という気持ちでしかないのです。