二ヶ月記念日の過ごし方は?プレゼントは?長続きのための秘訣を解説

交際二ヶ月めは、今後の二人の関係を左右するほどに大切な時期といわれています。相手の嫌な部分が見えてきてしまった…という人もいるのではないでしょうか?この記事では「二ヶ月記念日」の過ごし方についてご紹介します。関係を長続きさせたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 二ヶ月記念日ってこんな日《メリット編》

    そもそも二ヶ月記念日とは、カップルにとってどのような区切りなのでしょうか?「まだ二ヶ月」「もう二ヶ月」と捉え方は人それぞれですが、このタイミングでお互いの関係を見直してみることが大切といえます。

    ここでは、「二ヶ月記念日のメリット」をご紹介します。

    まだまだ付き合いたてでラブラブ


    「付き合いはじめて二ヶ月」というのは、まだまだラブラブなカップルが多いのではないでしょうか?毎日が楽しくて、相手の全てがキラキラして見えるものですよね。頻繁に連絡を取り合い、相手のことを考えながら一日を過ごせる「幸せ期間」であるといえます。

    そんな「幸せ期間」である二ヶ月記念日は、まだまだ付き合いたてということもあり、お互いに知らないことだらけの状態です。「彼は〇〇が好きなんだ」「彼女は〇〇だと喜ぶ」など、相手の人間性や価値観を知っていく大切な期間であるともいえるでしょう。

    お互いに記念日を覚えている


    「大好きな人と恋人になれた日」は、カップルにとって特別な日。そんな特別な日だからこそ、相手に「覚えておいてほしい!」と思うものです。二ヶ月記念日は付き合い始めて間もないため、男女どちらもが覚えている日といえるでしょう。

    「相手が忘れていたら気まずい…」というような状況にもなりにくいので、気兼ねなく予定を話し合うことができます。事前に「どこに行くか」「何をするか」などを決めておくことで、当日スムーズな流れで過ごせますよ。

    会う頻度が高い


    「好きな人に会いたい」と思うのは自然なことです。ましてや付き合いたてとなると、その気持ちも大きいはず。付き合って二ヶ月めはお互いに「会いたい」と思う気持ちが強く、会う頻度が高いといえます。

    「この日はちょっと予定が…」というように他の予定を優先されることが少ないため、素直に「会いたい」と伝えられるのがいいところですよね。

    普段から会う頻度が高いことから、二ヶ月記念日も二人で過ごすことが期待できます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)