彼氏に言いたいことが言えない…本音が言えない彼女の特徴&解決策

彼氏に言いたいことが言えず、我慢ばかりしていませんか?この記事では、彼氏に言いたいことを言えない女性の特徴や、言いたいことが言えるようになる解決策をご紹介します。彼氏に言いたいことが言えずに辛い思いをしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 彼氏に言いたいことが言えなくてツラい…

    彼氏に言いたいことが言えない状態が続き、辛い思いをしている女性は意外と多いものです。最初は少しの我慢だったことも、言いたいことが言えないことによって、付き合っていることすら辛いと感じてしまう方もいるでしょう。

    また、言いたいことが言えないために「都合の良い女」にされてしまっている場合もあります。お互い好きになって付き合ったのに、我慢ばかりして都合の良い女にされるのはとても悲しいですよね。

    では一体なぜ、彼氏なのに言いたいことを言えないのでしょうか。ここでは、彼氏に言いたいことが言えない女性の心理や、改善方法をご紹介していきます。
  • 彼氏に言いたいことが言えないと思う時って?

    そもそも、どんなときに彼氏に言いたいことを言えずに我慢してしまうのでしょうか。体験談も交えながら見ていきましょう。

    自分より彼氏の意見を優先するとき


    「デートの場所や内容、食事などは全部彼の意見を優先してます。最初は気にしてなかったんですが、彼の中でもそれが当たり前になっているのに違和感を覚え始めて…。私が行きたい場所とか聞いてこないのかなと思っています。思うだけで言えないんですけどね」(20代/女性/会社員)

    人と人が付き合う上で、意見が全く同じということはありえません。そのため、恋人同士ならお互いの意見を理解して尊重し合うのが良い関係と言えます。しかしこのケースの場合は、彼の意見ばかり尊重してしまっています。

    しかし、言いたいことが言えなくなり、彼氏の中でも自分の意見が通るのが当たり前になると、「この子は俺の意見をなんでも受け入れてくれる」と勘違いされてしまうこともあるのです。

    彼氏の趣味にばかり付き合っているとき


    「私の彼氏はお酒が大好きで、美味しい居酒屋さんやおしゃれなバーを見つけて入るのがとても好きです。それ自体は否定しないのですが、私は体質的にお酒をあまり飲めません。たまには私の趣味や行きたいところにも付き合ってほしいんですが、なかなか言えずに悩んでいます」(30代/会社員/女性)

    彼氏の趣味にばかり付き合って、自分の趣味にも付き合ってほしいという本音をなかなか言えないケースです。恋人同士は、必ずしも同じ趣味とは限りません。恋人同士で異なる趣味を持っているときは、お互いの趣味を理解して尊重し、さらに自分の趣味を強要しないことが大切です。

    彼氏の趣味にばかり付き合って自分の趣味には全然付き合ってもらえないという状況は、とてもストレスが溜まるでしょう。

    彼氏の仕事が忙しいとき


    「彼氏の仕事が今すごく大変な時期で忙しそうなため、なるべく負担をかけないように会ったり連絡したりするのを控えています。ただ、あまりにも連絡をくれなさすぎて…。1日のうち5分でも私に連絡する時間はないのかなと思ってしまいます。でもそれを伝えたら、理解のない女だと思われそうで言えません」(20代/女性/フリーター)

    男性は、女性のように仕事と恋愛を器用に両立することが得意ではありません。そのため、何か一つに集中すると、それ以外のことができなくなってしまう人が多いのです。そしてその理由が仕事となると、彼女としては何も言えなくなってしまうでしょう。

    ただ、自分ばかり我慢して彼氏の仕事が落ち着くのをじっと待つのは少し辛いですよね。彼氏の負担にならない程度に言いたいことが言えたら、少しは気持ちが楽になるはずです。

    自分からばかり連絡しているとき


    「付き合ったばかりの頃は、彼氏も頻繁に連絡をくれてたんです。でもだんだん慣れてきたのか、彼氏から連絡が来ることが少なくなってしまいました。今ではほとんど私からLINEや電話をしています。特に忙しいわけでもなく友達とも遊んでいるのに、なぜ私に連絡をくれないのか、言いたくても怖くて言えません」(10代/女性/学生)

    本当は彼氏からもLINEや電話をしてほしいのに、それをうまく伝えられないケースです。

    男性は、LINEや電話などが苦手な人が多いです。また女性ほどマメではなく、どちらかというとLINEや電話を面倒くさいと思っている男性もいます。

    しかし、そのまま言いたいことを言わないで彼女から連絡をし続けては、だんだん彼氏に対して不信感を抱いてしまうでしょう。