恋人のほかに好きな人ができる心理とは?正しい対処法を徹底解説

  • 「ほかに好きな人ができた」と言われたときの対処法

    ほかに好きな人ができることがあるのであれば、「好きな人ができた」と振られてしまうこともあるはずです。このように言われてしまった側は、パニックになりどのように対処したら良いのかわからなくなってしまうことも。ここでは、どのような対処の方法があるかを紹介していきます。

    仕方がないと受け入れる


    「ほかに好きなひとができた」と言われて、仕方がないと受け入れる人は多いようです。突然の衝撃に反撃できないという理由もあれば、相手との関係を諦めてしまうという場合もあるでしょう。悲しい事のように感じますが、相手の主張を受け入れる事が必要なこともあります。

    心情はそれぞれ違えど、受け入れることでそれぞれの時間を進むことができるのです。恋人としては最後になるかもしれませんが、だからこそお互いの気持ちに寄り添ってみてはいかがでしょうか。

    いったん保留にする


    ほかに好きな人ができたと言われても恋人を諦めきれないのであれば、慌てずいったん保留にすると良いでしょう。もしかして相手も一時の勢いで発言をしているかもしれませんから、時間をおくことは有効です。また最終的に別れるとしても、時間をおくことであなた自身も気持ちを落ち着かせることができます。

    辛い決断は、別れ話の場ですぐに下すには難しいこともありますよね。いったん保留にして距離をおくことは、お互いの気持ちを整理することに繋がるでしょう。

    自分もほかに好きな人を見つける


    失恋の傷は新しい恋愛で癒すのが良いと言われます。「ほかに好きな人ができた」と言われたら、新しい恋愛をはじめてみるのが幸せに繋がる場合もあるということです。

    失恋すると自分を否定されたように感じてしまい、自己肯定感が低くなってしまうことがあります。この自己肯定感を再び上げるには、新しい恋愛がピッタリなのです。マイナスの感情はあなたの輝きを失わせてしまうこともあるでしょう。少しずつ自分のペースで、失恋を踏み越えていけると良いですね。

    ほかに好きな人ができた相手を応援する


    恋人との関係を良好に保ちたいなら、ほかに好きな人ができたと振られてしまっても相手を応援すると良いでしょう。別れ話は、どちらの立場にたっても決して楽しいものではありません。別れを告げる側も、悩んで言葉を発することとなるでしょう。

    男女ともに、痛みのない別れは無いと言えるでしょう。ほかに好きな人ができたのであれば、相手を応援し自分もいずれ応援してもらえるような関係性に変化するのも、素敵ではないでしょうか。