好きな先輩は脈あり?脈なし?その見極め方とアプローチ方法を解説!

  • 好きな先輩への上手なアプローチ方法!《前編》

    好きな先輩にはどうやってアプローチしていったら良いのでしょうか。効果的にアプローチすることで、先輩との距離を縮めていきたいですよね。

    ここでは、先輩との距離を縮めていける効果的なアプローチ方法について、前後編に分けてご紹介していきます。

    名前を呼びながら挨拶する


    人は名前を呼ばれると、その人のことを好意的に見てしまうという心理傾向にあります。好意を持ってほしい、先輩に自分のことを覚えてほしいというときは、相手を名前で呼ぶと良いでしょう。

    「〇〇さん、おはようございます」「〇〇さん、ありがとうございます」と、普段の会話の中でさりげなく先輩の名前を使ってください。よく名前を呼んでくれるあなたのことを、先輩も徐々に気にするようになるかもしれません。

    良いところを具体的に褒める


    好意を持っている人に効果的に気持ちを伝えるときは、良いなと思っているところを具体的に伝えると効果的です。漠然と「素敵ですね」と言うよりも、素敵だと感じている場所を具体的に伝えたほうが、信頼度が増して印象に残りやすいからです。

    「〇〇さんは、面倒見が良いので頼りになります」「〇〇さんはコミュニケーション能力が高いので、色々な人とうまく付き合えますね」など、その人の長所を具体的にさりげなく褒めるようにすると好印象をゲットできるでしょう。

    笑顔で明るく接する


    例外もありますが、大部分の人は笑顔で明るい態度の人が好きです。特に男性の場合はニコニコしている女性に好意を持ちやすく、明るくて優しい雰囲気の女性に安心感を覚える傾向があります。

    そのため気になっている男性に好意を持ってもらいたいときは、優しい笑顔で接すると効果的です。きつい雰囲気よりも柔らかく暖かい雰囲気の方が、多くの男性に好まれます。いきなり明るく接するのは難しいという方は、まずは口角を上げる練習から始めてみると良いでしょう。

    ちょっとした差し入れをする


    日常会話や雑談がしにくい先輩の場合、話しかけるきっかけがある方がスムーズに会話ができます。お土産をもらったから、ちょっとお菓子が余ったら、といったささいなことをきっかけにして、ライトに話しかけるのがベターです。

    特に男性は重苦しい雰囲気が苦手です。話しかけるときは気軽にさりげなく話しかけた方が、色々な会話を展開しやすいでしょう。気まずい雰囲気に耐えられない男性もいるので、気持ちに余裕がありそうなときに話しかけると良いかもしれません。

    先輩が好きなものを聞く


    男性は一般的に雑談があまり得意ではありませんが、自分の好きなもののことなら話せることが多いです。趣味の話も含めて、自分が得意なことなどは、積極的に話したがります。

    好きな先輩との会話を盛り上げたい場合は、先輩が好きなものや得意なことを聞いてあげると効果的です。その際、先輩のことをからかったり、ダメ出ししたりしないようにしましょう。