好きな先輩は脈あり?脈なし?その見極め方とアプローチ方法を解説!

  • 好きな先輩が送る「脈あり」サイン《前編》

    職場や学校に好きな先輩がいる場合、先輩の気持ちをどうにかして知りたいものですよね。そんなときはどんなところに注目すれば良いのでしょうか。

    ここでは、先輩が出す「脈あり」サインについてお伝えしていきます。先輩の行動で当てはまるものがないか、観察してみてください。

    よくちょっかいをかけてくる


    先輩があなたに好意を持っていて、いわゆる「脈あり」の状態の場合、先輩はあなたによくちょっかいを出してきます。表向きの用件は本当にささいなことが多く、「今じゃなくても良くないかな?」ということがほとんどです。

    周りの女性に比べて、あなたにだけよく話しかけてくる場合は「脈あり」のサインの可能性があります。先輩が何を思って話しかけてくるのかということをもう少し観察してみると、より先輩の気持ちがわかるようになるでしょう。

    気が付くとそばにいる


    ふと気が付くと近くにいるというケースも、「脈あり」のサインの可能性があります。好意を持っている相手には、なんとなく近寄ってしまうものです。

    意識しているしていないに関わらず、気が付くと近くにいることが多い場合は、先輩があなたに対して好意を抱いている可能性が高いでしょう。

    よく目が合う


    先輩とあなたのどちらも相手を意識している場合は、視線がよく合います。どちらもなんとなく気になっているので、相手のことが視界に入りやすいのです。

    視線を感じる、ふとしたときに目が合いやすいというのも、先輩の「脈あり」サインのひとつ。目が合ったときに笑いかけてくるなど、他の好意的なリアクションがある場合は脈ありの可能性がより高くなります。

    連絡先を聞いてくる


    好意がある相手の連絡先は、何かと理由をつけて聞きたくなるものです。先輩があなたに好意を持っている場合は、細かい理由をつけて連絡先を聞き出そうとするでしょう。

    「それって連絡先を知らなくてもできることでは?」と思うような理由の場合は、脈ありの可能性があります。その後もささいな用件で定期的に連絡が来る場合は、脈ありの可能性が高いでしょう。