目が合うのは脈あり?勘違い?視線でわかる男性心理&アプローチ法

  • よく目が合う男性への必殺アプローチ方法とは?

    よく目が合う男性にはどのようにアプローチするとよいのでしょうか?最後に、目が合う男性への必殺アプローチ方法についてご紹介していきます。

    見つめ返す


    男性とよく目が合うなと思ったら、相手が目をそらすまでジッと見つめ返してみましょう。目が合うということは、相手が自分にアプローチしてきている可能性があります。また、彼は好きという自覚がないままあなたを見ている可能性もありますが、少なくともこちらに興味を持ってはいるはずです。このチャンスをぜひとも活かしましょう。

    見つめ返すと、男性は照れたりびっくりするかもしれません。ジッと見つめられると困惑してしまう男性もいます。でも「なんでこの女性は自分のことを見つめてくるの?」と意識させることができたら、こっちものです。

    視線には視線で返すのが、両想いになれる一番の近道。見つめ返すことによって、彼の心を今まで以上にガッチリつかめるかもしれません。そうなれば、交際へと発展する可能性も高くなるでしょう。

    笑いかける


    笑いかけるのもとても効果的です。相手を目で追っていただけなのに、予想していなかった満面の笑みが返ってくると、思わずドキッとしてしまう男性は多いもの。普段の顔と笑顔のギャップにやられて、恋に落ちてしまうかもしれません。

    よっぽど嫌いな相手で無い限り、笑いかけられて嫌な気持ちになる人は少ないでしょう。見られているかもと思ったら、ぜひ笑いかけてみましょう。

    照れた顔をしてみる


    目が合った後、女性に照れた顔をされると「もしかして俺のこと好きなの?」と意識してしまう男性は多いもの。この心理を利用して、目が合ったら照れた顔をしてみるのも効果的なアプローチ法です。

    また、照れている女性の表情を、カワイイと思う男性も多いようです。女性の魅力的な表情の一つですので、大いに活用してみましょう。

    にっこり笑ってから目をそらす


    好きな人と目が合うと、ドキドキしてしまって相手を見つめ返せないという人も多いでしょう。でも、恥ずかしいからと目をそらしてばかりでは、交際へと発展するのは難しいかも。そんな方は、一瞬でもいいので、にっこり笑ってから目をそらしてみてください。

    自分の気になっている女性が一瞬でも笑顔を向けてくれるというのは、男性にとっても特別な経験です。また、笑った後にすぐに目をそらすという思わせぶりな態度は、ちょっとした駆け引きにも使えます。「俺のことが好きなの?何を考えているの?」と気になって、もっと近づきたいと考えてくれるかもしれません。

    あえて目をそらす


    目が合った後に、一呼吸置いてあえて目をそらしてみるというアプローチ法もあります。心理学では「下方向に目をそらすのは恥ずかしさや好意の表れ」だともいわれていますので、あえて下にそらしてみるのもいいでしょう。

    男性にもよりますが、ミステリアスな女性に惹かれるという人がいます。また、普段はクールだけれど甘える時はとても可愛い「ツンデレタイプ」の女性が好きだという男性も多いものです。「難しい女性ほど攻略してみたい!」と思う男性も多いので、試してみる価値ありです!

    ただし、いつもクールに目をそらしてばかりだと、「嫌われているのか?」と勘違いされていしまう可能性もあります。時には目を合わせて微笑んでみるなど、バランスよく視線のテクニックを使って、ミステリアスな女性を演じてみましょう。

    「なぜ見るの?」と聞いてみる


    好きな人と目が合った時に、勇気をだして声をかけてみる方法もおすすめです。「どうしたの?」「なぜ私を見るの?」と問いかけてみましょう。

    「なんでもない」と言われたとしても、その後の会話のきっかけになる可能性は十分に考えられます。これをきっかけに会話が盛り上がって、好きな人と仲良くなれるかもしれません。

    笑顔で話しやすい雰囲気を心がけながら話しかけると、相手はより喜んでくれるでしょう。相手にアプローチするのは勇気がいることですが、一歩踏み出してみれば、二人の距離は確実に近づくはずです!