目が合うのは脈あり?勘違い?視線でわかる男性心理&アプローチ法

  • よく目が合う男性の脈ありサインとは?

    よく目が合う男性の中でも、脈ありと脈なしの場合があります。ここからは、よく目が合う男性の「脈ありサイン」にはどんなものがあるのかについて、具体的にご紹介していきます。

    照れたように目をそらされる


    こちらから見つめ返した時に、照れたように目をそらされたら、脈ありサインである可能性がとても高いです。すぐに目をそらしたり、顔を赤くしたり、モジモジしているなら、相手はきっとあなたのことを意識しているでしょう。

    「目が合ってしまった!」「なんだか恥ずかしい!」と感じてドキッとしたからこそ、照れて目をそらすのです。

    目が合った時に驚いた顔をする


    目が合った瞬間に驚いた顔をするのも脈ありサインの1つです。自分でも意識せず見ているため、相手と目が合うと「目が合っちゃった!どうしよう?」と驚いてしまうのです。

    実は、気になっていたり好意を持っている女性を、無意識のうちに目で追ってしまう男性もけっこういます。先ほども少し述べたように、狩猟本能が残っているのかもしれませんね。無意識の行動なので、目で追っているのは自分の方なのに、相手の女性に対して「こっちをよく見てくるな」と感じる男性さえいるようです。

    目をそらしたのにまた目が合う


    目をそらした後にまた目が合った、なんてことがあったら、脈ありサインかもしれません。あなたのことが気になっているために、ついつい目で追ってしまっているのです。

    男性の心理を推測するに、見ている時間が長いほど、相手のことが好きだと考えてよさそうです。目が合う頻度が高いほど、脈ありの可能性が高いでしょう。

    目が合った時に微笑んでいる


    視線を感じて見返した時、男性が口角を上げて微笑んでいるようなら、脈ありサインの可能性が高いでしょう。見ているだけで幸福感に包まれてしまうほど愛おしいので、自然と微笑んでしまうのです。

    嫌いな相手と目が合う時に、微笑む人は稀です。目が合った瞬間、口角が上がって微笑んでいれば、脈ありだと思っていいでしょう。

    話している時にじっと見つめられる


    こちらが話している時に男性からじっと見つめられる場合も、脈ありである可能性が考えられます。特に男性の場合、自分が話すときには、しっかり自己主張するために目を合わせる人が大半です。しかし、話を聞くときには相手を見ないこともあります。

    そのため、あなたが話している時にも視線を合わせてくる場合は、好意をもっている可能性が高いでしょう。

    うるんだ瞳で見つめられる


    こちらを見ている瞳が潤っているように見える場合も、脈ありサインかもしれません。なぜなら、好きな人を前にすると感情が高ぶって、瞳孔が開いたり涙が出てきたりすることがあるからです。

    潤った色気を感じるような目で見つめてくる場合は、あなたのことが好きなのかもしれませんね。