目が合うのは脈あり?勘違い?視線でわかる男性心理&アプローチ法

よく目が合う男性って脈ありだと思いますか?目が合う=脈ありかと思いがちですが、実際には勘違いだった!という人も。今回は、視線でわかる男性心理と、アプローチ方法についてご紹介していきます。これを読めばよく目が合う気になる男性に近づくことができるかもしれません。

  • 目が合う男性は脈あり?勘違い?

    「気になっている彼とよく目が合うけど、脈ありかな?」と悩んだ経験がある方も多いのでは?男性と目が合うのは脈ありのサインとはよくいいますし、つい期待してしまいますよね。

    しかし実は、「目が合う=脈あり確定」というわけではないんです。なんと、脈ありだと思ってアタックしたら、ただの勘違いだったというケースもあるのだとか!

    この場合の脈あり・脈なしの違いとは、一体何なのでしょうか?今回は、「よく目が合う男性」に焦点を合わせて、その心理とアプローチ方法を紹介していきます。

    目が合う=脈ありとは限らない?


    「気になる男性と頻繁に目が合う」と感じても、そこですぐに脈ありだと決めつけるのはちょっと待ってください。実は勘違いだという可能性もあるんです。

    勘違いで「私のこと好きなの?」と声をかけてしまい、否定されるのって辛いですよね。そんな恥ずかしい思いは避けたいという人が多いでしょう。それでは具体的に、相手はどんな心理で視線を送っているのでしょうか?

    もちろん脈ありサインの場合も


    目が合うのは、もちろん脈ありのサインの場合もあります。どちらかと言うと、脈ありの場合のほうが多いかもしれません。好きな人のことは、見たいと思うのが男性心理です。

    ただ、「男性本人も好きと言う気持ちを意識しないまま、相手のことを目で追っている」というケースもあるのです。