好きな人と仲良くなる方法10選!気になる人と近づくコツも伝授

  • 好きな人と仲良くなる10の方法!《後編》

    ここまでご紹介した「好きな人と仲良くなる方法」は、好きな人に向けて出来る行動や、友人のサポートを前提とした方法です。好きな人と仲良くなるためには、相手との距離感を上手に保ちつつ、様々な方法で仲を深めていくことが望ましいでしょう。

    次に、好きな人と仲良くなる方法として、普段から自分が気を付けていきたいことをご紹介します。相手にとっての「気になる人」になるためには、努力を忘れてはいけません。どのような方法があるのか、みていきましょう。

    猫をかぶりすぎない


    好きな人と仲良くなるために、少しでも自分をよく見せようと猫を被ることもあるでしょう。しかし、猫の被り過ぎは要注意いです。猫を被るということは、大なり小なり自分をごまかすという事ですから、あまりにも度が過ぎると取り返しがつかなくなることも。

    本当の自分を知られると嫌われるかもしれないと猫をかぶっても、いつかは化けの皮が剥がれてしまいます。そうなると、幻滅される恐れもあるので、猫をかぶるとしてもほどほどに。そして猫を被ったからには、そんな自分に少しでも近づけるように努力を忘れないようにしましょう。

    仲良くなるシミュレーションをする


    どんな風に仲良くなりたいかをシミュレーションしておくと、緊張してしまいがちな人でも、仲良くなるきっかけを掴みやすくなります。平たくいうと、仲良くなった自分と相手をイメージするのです。いろんな展開をイメージする事ができると、すぐに仲良くなれないとしても、前向きに根気強く頑張れるようになります。

    好きな人と仲良くなる場面をシミュレーションしたからといって、その通りに事が運ぶわけではありません。しかし、好きな人のことを知れば知るほど、シミュレーションもしやすくなるでしょう。思うように進展しなくてもネガティブにならずに、明るいイメージを心がけるといいですね。

    相手の好みを取り入れる


    好きな人の好みをリサーチして取り入れていく方法も、仲良くなるきっかけになるでしょう。相手の好きな服装、メイク、髪型などに変えるだけで、相手の中で大きく印象に残ります。身近な女性が自分好みに変身していけば、「もしかして自分に気があるのかも?」と意識してくれるかもしれません。

    姿だけではなく、好きな音楽や映画、よく読む雑誌など、趣味の範囲で好みを追いかける方法もあります。好きなものを共有したり、知識を分けてもらうことも出来ます。仲良くなるためには、同じものを見聞きして楽しむことが大きなポイントになるのです。

    「押し」と「引き」を上手に使う


    「仲良くなりたい!」とガンガンアピールをするのもいいですが、時には引いてみるようにしましょう。自己主張が強すぎると、好きな人に嫌われてしまいかねません。「押し」と「引き」を上手に使い分ける方法を試してみましょう。

    押してダメなら引いてみる、という言葉もあるように、手応えがない時こそ引くことが大切です。あえて引くことで、今度は相手が気にしてくるようになるかもしれません。同時に、自分自身も冷静さを取り戻せるので、次の上手な押しの一手を思いつきやすくもなるでしょう。

    自分磨きをする


    自分磨きに力を入れることで、好きな人と仲良くなることに対して前向きになれます。相手の好みに合わせることも大切ですが、一人の女性としての魅力が強ければ、それだけ相手の中で特別意識が芽生えやすくなります。

    「素敵な人だな」と相手が感じれば、今度は反対に相手の方から「仲良くなりたい」と思うようになるかもしれません。自分磨きをして、自分に自信を持って、好きな人と仲良くなるためのチャンスを掴んでいきましょう。
  • もっと仲良くなりたい!好きな人と両想いになる方法

    気になる人との距離が縮まってきたら、次に目指すべきは両想いですよね。せっかく距離が縮まっても、友達のままでいることがどんどん苦しくなっていくでしょう。

    「好きな人と両想いになりたい」という当然の気持ちを叶えるために効果的な方法をご紹介します。

    相手との共通点を見つける


    好きな人と両想いになるために、相手との共通点を見つけてみましょう。どんなに素敵な人でも、価値観が違うというだけで恋人への昇格を果たせない人もいます。どんな些細な共通点でも、話が盛り上がったり、お互いの気を許せるきっかけにもなるものです。

    趣味や好みに共通点があれば嬉しくなりますし、一緒に楽しむことも出来ますよね。必然的に、一緒にいる時間も増えていきます。「一緒に行動して楽しい」と感じることで心地よさを感じ、相手が特別意識を持ってくれる可能性は十分にあるのです。

    積極的にアプローチする


    積極的にアプローチすることも、好きな人と両想いになるには必要なことです。まだ気になる段階だと、つい控えめになってしまったり、慎重になってしまいがちですよね。しかし、いつまでも消極的なままでは、必要以上に仲良くなることは難しいと言えます。

    積極的にアプローチしていけば、あなたの気持ちはしっかり伝わるでしょう。そうすれば、相手にも「一人の女性」として見てもらえるはずです。

    好きな人にだけ違う一面を見せる


    好きな人と両想いになりたいなら、好きな人にだけ違う一面を見せることを意識しておくといいでしょう。「こんな姿見たことない」と相手が感じる時、知らず知らずのうちに特別な意識が芽生えているはずです。特別と感じるだけで、相手の中であなたの存在は他の人とは違ったものになります。

    好きな人の前でだけ、弱さを見せたり、甘えてみたり、大人っぽく見せたり…。普段見せない姿であれば、ギャップ効果を狙うこともできますよ。あまりにも極端だと相手が戸惑ってしまうので、ドキッとさせる程度のギャップを狙うようにしましょう。

    「吊り橋効果」を利用する


    「吊り橋効果」をご存知ですか?吊り橋効果は、不安や恐怖を感じている時に、一緒にそれを体験している男女の間で恋心が芽生えやすいというものです。不安や恐怖による興奮を、恋心による興奮と混同しているためと考えられています。

    つまり、一緒になってドキドキする体験をすると、恋愛感情が起こりやすくなるということです。特別なことをする必要はなく、手に汗握る映画を一緒に観たり、お化け屋敷に入ってみたりなど、二人でドキドキすることを考えましょう。このような心理的な効果を利用することも、両想いになる方法としては有益と言えます。

    相手の長所を具体的に褒める


    「かっこいいね」「素敵だね」など、褒められるのは嬉しいことですが、褒め言葉が具体的であればさらに喜ばれるでしょう。「いつも洋服に気を使っててかっこいいね」「人の気持ちを考えることが出来て素敵だね」など、好きな人の人間性をよく見た上での褒め言葉は、心に響きやすくなります。

    特に本人があまり自覚していないような部分だと、「自分のことをよく見てくれている」と感じさせることが出来ます。そして、そこから話題を膨らませたり、仲良くなるきっかけに繋げていくことも出来るのです。単的な褒め言葉よりも、その人の長所を具体的に言葉にしていくようにしましょう。

    「さりげなさ」を取り入れる


    好きな人と両想いになる方法として、「さりげなさ」を取り入れてみるのもいいですね。さりげなく女性らしさを演出したり、さりげなく気遣いを見せたり…。さりげないからこそ、男性の目にとまりやすいものです。相手の中で「奥ゆかしい女性」と認識されやすくもなります。

    さりげなさを自然に取り入れるためには、日頃から細かなところに気付けるように努めましょう。普段からさりげない行動が出来れば、好きな人の前でも自然に出来るはずです。相手の中で好感度が急上昇するはずですよ。