彼氏がいるのに寂しいのはなぜ?孤独を感じる理由と気持ちの解消法!

  • 彼氏がいるのに寂しい時の上手な伝え方

    彼氏がいるのに寂しい時は、彼氏に素直に気持ちを伝えることが最も適切な方法だと言えるでしょう。

    そこで紹介していくのが、彼氏がいるのに寂しい時の正直な伝え方です。どのように気持ちを伝えればいいか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    「寂しい」と素直に伝える


    何も着飾ることなく、素直に自分の寂しい気持ちを伝えると良いでしょう。何がどのように寂しいのか、ありのままのあなたの言葉で伝えれば、彼氏もわかってくれるはずです。

    むしろ遠回しに伝えると上手く伝わらない可能性があります。正直に真っ直ぐな気持ちを彼氏に伝えましょう。

    「連絡だけでももっと取りたい」と言う


    どうしてもなかなか会えないならば、「連絡だけでももっと取りたい」と提案してみましょう。連絡だけならば、時間を合わせずに送ることができます。テンポよくやり取りするのは難しいですが、少しでも連絡を取り合うことで、少しずつ気持ちが満たされていくでしょう。

    「寂しいから趣味などを一緒にやりたい」と言う


    もし彼氏が趣味などに没頭しているならば、「寂しいから一緒にやりたい」と伝えてみましょう。

    「寂しいから」と伝えることで、彼氏にはあなたの本心が伝わるはずです。また、趣味に理解を示せば、彼氏が気を悪くすることはまずないでしょう。むしろ趣味を一緒に楽しめる!と喜んでもらえて、孤独な気持ちを感じないくらいに楽しい日々が訪れる可能性もあります。

    寂しいと思ったらその度に伝える


    彼氏がそばにいるのに孤独、満たされない…そう思うならば、思った瞬間に彼氏に伝えてみてください。本音を察してもらうことが難しいならば、その都度「寂しい」と伝えたほうが、彼氏もよっぽど理解できるでしょう。

    ただし、あまりにもしつこく伝えるのはNGです。気持ちが満たされないと、満たされるまで何度でも気持ちを伝えたくなるものですが、うざいと思われる可能性があります。

    しつこくならない程度に、孤独や寂しさから満たされないと感じたら、その度に伝えてみてくださいね。