彼氏がいるのに寂しいのはなぜ?孤独を感じる理由と気持ちの解消法!

  • 要注意!彼氏がいるのに寂しい時のNG対応とは?

    彼氏がいるのに寂しいと感じる時、どうにかして彼氏に気持ちを伝えたいと考える人もいるでしょう。中にはあまりにもわかってもらえず、実力行使で理解してもらおうと考える人もいるはずです。

    そういった行動は間違いではありませんが、一歩間違えばお互い納得できないまま別れてしまうリスクもあります。

    彼氏がいるのに寂しい時、どんなことに気をつけて対応すればいいのかを解決していきましょう。

    寂しくさせる彼氏を責める


    なかなか寂しい気持ちがわかってもらえないからといって、寂しくさせる彼氏を責めるのはやめたほうが良いでしょう。そもそも彼氏は、彼女が本気で寂しがっていることに気づいていないことがほとんど。気づけないことに対処することはできません。

    また、忙しくて寂しくさせる彼氏を責めるのもNGです。寂しくさせているという自覚がある彼氏にとって、彼女から責められることは非常に心苦しいことで、ただ申し訳ない気持ちばかりが募ってしまいます。反論できる余地もなく、それならば別れたほうが彼女にとって良いことかもしれないと決断することもあるでしょう。

    彼女が寂しがっていることに気づいていない場合は、とにかく寂しい理由を素直に伝える必要があります。素直に伝えた上で、それでも改善が見られず、ないがしろにされるようであれば、関係を見直したほうが良いでしょう。

    彼氏と別れてしまう


    寂しいからといって彼氏と別れてしまうのはNGです。彼氏がいるのに寂しいと、虚しさを感じるでしょう。いっそ別れたほうが楽かも…そう思うのも当然です。しかし、突然別れを宣言したら、彼氏は困惑します。

    寂しいとも、具体的にどうしてほしいとも言われなかった状態で、彼女から別れを告げられることは、彼氏からしてみれば誠実さに欠ける行為になるのです。チャンスをもらうことなく、彼女だけの思い込みで別れを決められたと捉えられるでしょう。

    彼氏のことを好きならば、自分だけで決めつけず、できるかぎり彼氏に気持ちを伝えることを意識してみてください。言葉で伝えなければ気づかない人は多いです。伝えない限り、寂しさは理解してもらえないでしょう。

    黙って距離を置く


    彼氏がいるのに寂しいと感じると、黙って距離を置いてしまう人も珍しくありません。しかし彼氏からしてみれば、何の前触れもなく距離を置かれ、意味がわからないと感じるでしょう。自分勝手な彼女の行動に愛想尽かす可能性もゼロではありません。

    彼氏と距離を置いて、寂しい気持ちを紛らわそうという人もいるでしょうが、別の方法を選んだほうが誤解されずに済みます。趣味や他のものに熱中するにしても、彼氏との連絡を途絶えさせるのは得策とは言えません。あくまで別のものに集中するだけで、彼氏との関わりを断つ必要性はどこにもないのです。

    また、彼女がいるのに放置する彼氏に仕返ししたくて、「放置してやる!」と距離を置く女性もいるでしょう。しかし、高確率でその本心には気づいてもらえません。それどころかさらに放置され、寂しい思いをするリスクのほうが高いと言えます。

    彼氏がいるのに他の男性で寂しさを紛らわすのはNG


    最もやってはいけないのが、彼氏がいるのに他の男性で寂しさを紛らわす行為です。彼氏がいるのに寂しいことばかりだと、他の男性と接して気分を紛らわしたくなる人は少なくありません。ちょっとくらい現実逃避をしたいと思うのも頷けます。

    中には、他の男性と親しくすることで、彼氏の気を引こうとする人もいるでしょう。「私という彼女がいるのに寂しい思いをさせる彼氏が悪い」と自分の行動を正当化しても、高確率で彼氏から愛想を尽かされます。

    そもそも彼氏がいるのに他の男性に意図的に近づく行為は、浮気と思われても仕方ありません。彼氏が寂しくさせていることが理由だったとしても、彼氏からすれば直接言ってほしいと思うでしょう。

    浮気のようなことをしたこと、試すようなことをしたこと、これらは彼氏からの信頼を地の底に落とす行為となるのです。