彼氏がいるのに寂しいのはなぜ?孤独を感じる理由と気持ちの解消法!

  • 彼女に寂しいと感じさせる彼氏の特徴

    彼氏がいるのに寂しい…そう彼女に思わせてしまう男性には、いくつかの特徴があります。当てはまる特徴が多ければ多いほど、「彼氏がいるのに寂しい」と彼女が思う可能性は高くなるでしょう。

    どんな特徴がある男性が彼女を寂しくさせてしまうのか、解説していきます。

    彼女より友達の優先順位が上


    彼女よりも友達の優先順位が上の男性は、彼女を寂しくさせてしまうでしょう。やはり彼女としては、自分を特別に思ってもらいたいもの。他のものよりもできるだけ優先的に考えてほしいと思うのは、一般的な恋人に対する気持ちです。

    そのため、友達を優先してばかりで彼女をないがしろにしていると、彼女に「私がいるのに友達を優先するなんて」という不満がどんどん溜まっていくでしょう。

    そんな不満は自信喪失にも繋がっていきます。彼氏にとっての自分の価値のなさ、好かれている自信の喪失…そういったものが積み重なっていくと、次第に別れを考えるようになるケースも珍しくありません。

    恋愛に対して淡泊


    恋愛に対して淡白だと、彼女が寂しいと感じることは増えてしまいます。彼女も同じような価値観ならば寂しいとは思われませんが、違う場合には要注意。もしかすると彼女は「自分に興味がないのかも…」と自信喪失している恐れがあります。

    淡白な男性は、そもそもあまり恋愛を重視していません。そのため、愛情表現もあまりせず、デートの回数や場所にもこだわらないでしょう。「一緒にいられればそれでいい」と思っていると、彼女と過ごす時間の質はどうしても落ちてしまいます。

    一般的な女性は、一緒に過ごす時間の質を重視している人がほとんどです。そのため、一緒に過ごすだけでいい、愛情表現をしなくても伝わっているだろうという考えを持つのはNG。彼氏がいるのに寂しいと彼女が思う原因に繋がります。

    一緒にいるのに自分の時間を重視している


    彼女と一緒にいるにもかかわらず、スマホをいじっていたり、他の友達とやり取りしていたりすると、彼氏がいるのに寂しいと彼女から思われる原因になります。

    そもそも彼女からしてみれば、彼女との時間は彼女のために過ごしてほしいと考えている人がほとんど。いつでもできるスマホや緊急ではない友達とのやり取りを優先されてしまえば、自分の存在をないがしろにされている気持ちになって、良い気はしません。

    彼女を適当にあしらうことが多い


    長く付き合っているカップルに多いのが、彼女のことを適当にあしらってしまうケースです。当たり前の存在になってくると、つい適当に接してしまうことは珍しくありません。しかしそれは褒められたことではなく、彼女が不満に思う理由の一つとなるのです。

    特に、彼女が一生懸命しゃべっているのに適当な相槌しか打たない男性は、彼氏がいるのに寂しいと彼女に思われることがほとんど。一緒にいても意味がない、自分の存在を軽く見られている、そう思うと女性は寂しさを感じ、やがて気持ちは冷めていくのです。