気になる人に連絡先を渡すのはアリ?渡された心理&成功のコツとは

職場に来る取引先の人や、よく行くお店の店員さんの中に気になる人がいて「ぜひ連絡先を渡したい!」と考えている人は多いはず。しかし、闇雲なアプローチでは振り向いてもらえるどころか、警戒される可能性も。そこで、この記事では連絡先を渡す際の基本とコツを解説します。

  • 彼&彼女に一目惚れ!連絡先を渡すのはアリ?ナシ?

    職場で出会った他の会社の人やよく行くお店の店員さんに、一目惚れをした経験がある人は男女問わず多いはず。そこで気になるのが「どうやってつながりを持つか」ですよね。

    まずは連絡先を交換しなければ、関係が進展することはありません。そこで一般的にとられる方法が、自分から連絡先を渡すというもの。しかし一目惚れだからこそ、その最初の一歩を踏み出すのがとても大変。

    ということで「一目惚れをした相手に連絡先をアリなのか」を、シチュエーションや心理の観点から見ていきましょう。
  • 連絡先を渡したいけど…悩むシチュエーション5選

    そもそも「連絡先を渡したい」と思うシチュエーションにはどのようなものがあるのでしょうか。よくあるパターンを5つご紹介します。

    ショップの店員


    「毎日のように通うコンビニがあるんですけど、そこの店員さんがイケメンで…。レジにいると、やった!今日もいる!ってテンション上がります」(29歳/女性/事務職) 

    「仕事の休憩時間に通ってるファストフード店の店員に気になる子がいます。その子に会えるのが楽しみで仕事しているようなものですね」(31歳/男性/出版社勤務) 

    仕事や友人以外で誰かと接触する機会がもっとも多いのは、買い物の時ではないでしょうか。特にレジでは、ほんの短い時間とは言え、店員と客の二人が直接やりとりをすることになります。

    そのため、自分好みの人がいればドキッとしてしまうもの。ぜひとも連絡先を渡して交流を持ちたいと感じるはず。

    会社の取引先


    「有名スーパーでのことなんですけど、商品を運んでくれるトラックドライバーさんがかっこよくて、きりっとした印象に一目惚れしました」(19歳/女性/アルバイト) 

    「営業で訪問した取引先で案内してくれた女性にときめいてしまいました。しかし次に訪問した際にはいなかったので、担当が変わったのかなと気をもんでいます」(36歳/男性/営業職) 

    取引先の人はたまにしか会えません。そのため、普段顔を合わせている同僚よりも特別な印象を抱くケースがあります。会えないからこそ、会える日が楽しみになってしまうわけですね。そして、だからこそ連絡先を交換してもっとお近づきになりたいと思うもの。

    通勤・通学の電車


    「同じ時間帯に電車に乗る人の中に、私と同じ年代の気になるサラリーマンの方がいるんです。どこの会社にお勤めなのかとか全然知らないんですけど、気が付けば目で追っているんですよね」(30歳/女性/営業職) 

    「帰宅の電車がいつも同じになる、綺麗な女性がいます。もちろん話したこともないんですけど、いつか声をかけてみたいなと思ったり…」(39歳/男性/物流関係) 

    通勤時や通学時に「この人よく見かけるな」と思うことありますよね。たとえ直接話したことがなくても、毎日のように見かけていれば気になるものです。

    居酒屋


    「常連の居酒屋の店員さんが、このごろ『今日もお疲れ様です』って声かけてくれるようになったのがもう嬉しくて!覚えてくれてるんだって思うと舞い上がりますよね。これが日々の楽しみですよ」(28歳/男性/建設業) 

    「居酒屋でたまたま隣だったサラリーマンの男性と意気投合しました。それ以来会っていないのですが、思い切って連絡先を聞いておけばよかったなと今更後悔…」(31歳/女性/福祉関係) 

    居酒屋はアルコールの力もあって油断しがちな場所。そんな状態で気になる人がいれば、ぜひ連絡先を渡したいって思いますよね。

    カフェ


    「仕事終わりにカフェでお茶を飲んで帰るんですが、いつも端っこの席に座ってパソコンで仕事をしている男性が気になるんです。声を掛けたいなとも思うんですが、集中しているようですし…」(23歳/女性/飲食店) 

    「カフェで勉強をしていると、たまに見かける綺麗な女の人がいます。本を読んでいる様子が上品で気になっています」(18歳/男性/大学生) 

    仕事や勉強で日常的にカフェを利用している人も多いでしょう。そんな中、同じようにしている人がいれば気になりますよね。いつか連絡先を渡したいと思いながらも、静かなカフェでは難しくて悶々としてしまうかも。