彼女持ち男性を振り向かせる方法|アプローチする際の注意点も解説!

  • 彼女持ち男性を振り向かせる方法≪その2≫

    彼女持ち男性を振り向かせるためには、フリーの男性を振り向かせる以上に努力が必要になります。他にどんな方法を試すことができるのか、振り向かせる方法をさらに見ていきましょう!

    彼女との状況を把握しておく


    彼女持ち男性を振り向かせるためには、積極的に行動するタイミング、気持ちを見せるタイミングなど、タイミングが重要なポイントになります。そのため、彼女と今どんな状況にあるのかということを、把握しておくべきでしょう。

    好きな人の彼女との話は、できれば聞きたくないものですよね。辛くなるからと、あえて彼女の話題に触れないという女性もいますが、彼を振り向かせるためには必要な情報です。彼女と上手くいっているのか、それとも喧嘩ばかり続いているのかといったことを、彼から聞き出してみましょう。

    彼との距離を縮める時、彼女と上手くいっているタイミングであれば上手くいきません。自分の行動すべきタイミングを知るためにも、彼女との状況を把握しておく必要があるのです。

    彼の好意サインを感じたら他の男の影を感じさせる


    彼への思いが強くなると、「好き!」という姿ばかり見せてしまいますよね。しかし、彼はまだ彼女持ちです。自分に好意があると感じて余裕を持ち、あなたを遊び相手にできるかも…と上手く利用する可能性もあります。

    もし彼の好意サインを感じることがあったら、そのタイミングで他の男の影を匂わせてみましょう。「男友達にご飯を誘われてさ…」「あ、○○くんから電話だ」とさりげない流れの中で、他の男性を連想させてみてください。

    「え?俺以外にもいたの?」「そっちにいっちゃうの?」と彼は急に焦るはずです。その焦りが彼の「好きかも」を後押ししてくれることもあります。

    彼女にはない魅力をアピールする


    彼女以上になるために、彼女が持っていない魅力を持つことも大事です。もちろん、彼女の魅力をそのまま取り入れても良いですが、それだけだと彼女に勝ることはできないですよね。

    例えば、彼女が家庭的なタイプの場合、逆にアクティブな姿を見せても良いでしょう。それだけでも彼女にはない魅力ですよね。彼女持ち男性を好きになった女性は、「彼女みたいに好かれたい」と思って、彼女に自分を似せようとしがちです。しかし、彼女と上手くいっていない、あるいは気持ちが停滞してきたという状態なら、同じような女性には興味が湧かないでしょう。

    彼を振り向かせるためには、「個性」を出すことも大切です。あなたにしかない魅力を作り、彼女以上の存在になれるよう努力してみましょう。

    自分を彼女にした場合のメリットを伝える


    間接的な方法で、自分を彼女にした場合のメリットを伝えるのも良い方法です。

    例えば、彼が彼女に対しての不満をこぼしてきた時、「私だったらこうするな~」とアピールします。そのアピールから、あなたと付き合ったら自分にとってメリットがあると感じれば、自ずと気持ちは傾いてきますよね。

    しかしその時、あくまで彼にとって「良い女」となるよう、彼がどんなことを求めているか、彼女のどんなところに不満を持っているのかを、しっかり聞くことも大切です。「私だったらこうする」が的外れなことであれば、意味がありません。彼の求めている理想の女であることがアピールできるよう、彼の話にしっかりと耳を傾けましょう。
  • 彼女持ち男性にアプローチする際の注意点!

    いよいよ彼にアプローチする時です。ただ、アプローチする際には注意点があります。ここまで努力してきたことが無駄にならないよう、どんなことに注意すべきかを予め把握しておきましょう。

    「彼女と別れて」と言わない


    「彼女と早く別れて」など、彼を急かすような言葉は言わないように注意したいところ。彼女持ちだと分かっていながら好きになったのですから、急かすのではなく「待つ」姿勢でいることが大事です。

    彼女と別れるにしても、彼の中でのタイミングがあります。彼女からあなたへとゆっくり気持ちが動いたのと同様に、彼女との関係を絶ち切るにも時間がかかります。彼女に対して情が湧いていたら尚更でしょう。

    彼女と彼が別れるタイミングは、彼に任せることが重要です。焦らず気長に待つようにしましょう。

    肉体関係は持たない


    彼女持ちの彼と、付き合ってもいないのに肉体関係を持たないように注意しましょう。まだ彼女と別れていない状態で肉体関係を持ってしまうと、体だけの関係になったり、都合の良い女になってしまう危険性があります。また、付き合う前に肉体関係になることで、彼が満足してしまい、あなたへの関心も薄れてしまうでしょう。

    彼が好き、彼女が居ても好きという強い気持ちは分かりますが、一線を越えてしまうだけで状況がガラリと変わってしまいます。せっかくの努力を無駄にしないためにも、肉体関係は持たないように理性を保ちましょう。

    彼女の悪口は言わない


    彼女よりも優位に立ちたいという思いから、彼の愚痴や不満に同調し、一緒になって悪口を言わないようにも気を付けたいところ。今の時点では、彼の彼女ですから、人から彼女の悪口を言われた時に、ムキになって彼女をかばおうとすることもあるからです。

    彼がムキになったりかばったりすることで、「俺は彼女のことをまだ好きなんだ」と思い直してしまう危険性もあります。

    彼の彼女に対する愚痴や不満には、あくまで共感したり、自分をアピールするまでにとどめておくべきです。

    関係を壊したくないなら最終的には彼から言わせる


    彼への気持ちが抑えきれなくなった時、「好き」「付き合ってほしい」と自分から言ってしまいそうになりますよね。しかし、もし彼の中で迷いがあったり、気持ちが傾き切っていない状態の時に言ってしまうと、一気に関係が壊れてしまう危険性があります。

    いずれ彼の彼女になりたい、彼とは恋人関係になれなくてもそばにいたい、という気持ちがあるなら、最終的には彼に「好き」と言ってもらうように仕掛けることも大事です。

    早まって「好き」と言ってしまうことで、彼に決断を迫ることになってしまいますよね。尚且つ、もしまだあなたに対してそれほど好意がなかった場合、あなたと距離を置こうとしたり引いてしまう恐れがあります。関係を壊したくないなら、最終的な「好き」は彼から言わせるようにしましょう。