「うるさい女」は男性にモテない?その特徴と嫌われる理由を大公開!

  • うるさい女への接し方&対処法!

    身近にうるさい女がいると、どう接したらいいのか悩んでしまう人もいるはずです。一緒にいるだけで疲れたり、トラブルに巻き込まれたりするため、上手く対処していきたいと思うのは当然のことでしょう。

    そこで解説していくのが、うるさい女への接し方や対処法についてです。どのようにうるさい女と接していけばいいのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    必要以上に関わらない


    必要以上に関わらなければ、うるさい女に疲れることも、振り回されることもなくなるでしょう。職場や学校が同じだとしても、極力関わらなくても良い関係ならば、できるだけ距離を置くことをおすすめします。

    たとえうるさい女が干渉してきたとしても、こちらが距離を置く意思を強く持っていれば、次第に干渉される回数は減ってくるはずです。うるさい女は注目されたい、構われたいという意識が強いため、構ってくれない相手よりも構ってくれる相手のほうに行ってくれるでしょう。

    話は聞き流して相槌だけうつ


    うるさい女の話を丁寧に全て聞いていれば、ストレスに繋がります。一貫性がなくご都合主義な会話の内容は、聞いているだけで頭が痛くなると感じる人も多いでしょう。そんな会話をずっと聞いていれば疲れてしまうのも当然です。

    もしうるさい女と接する必要がある場合には、話を聞き流すようにしましょう。相槌を打っておけば、うるさい女は話を聞いてくれていると感じ、気を悪くせずに話し続けるはずです。

    基本的にうるさい女は自己主張が激しいため、自分の話を誰かに聞いてもらえれば満足する傾向にあります。たとえ相槌だけで話を聞いていなかったとしても、そもそもうるさい女は自分のことばかり考えているため、相手の様子に気づきません。相槌だけで上手くやり過ごしていきましょう。

    会話の主導権を握らせない


    会話の主導権を握らせないことも、うるさい女と上手く接する方法です。会話の主導権を一度でもうるさい女に握らせてしまえば、その会話は自己アピールの場になってしまいます。そうならないためにも、会話の主導権を握らせないことが重要なのです。

    うるさい女の自分勝手な話題が始まりそうになったら、上手く話題を変えてみたり、周りに話を振ってみたりして、うるさい女だけが目立たない状況を作り上げていきましょう。

    うるさい女だと正直に指摘する


    うるさい女に対して、うるさい女だと正直に指摘するのも対処法の一つでしょう。本人はプライドが高く非を認めたがらないため、否定するはずです。しかし、指摘されたことであなたから嫌がられていることは自覚できるため、必要以上に接してこなくなる可能性が高くなるでしょう。

    指摘する際には、ただうるさい女だと指摘するのではなく、具体的に指摘することが大切。その場しのぎで生きているうるさい女にとって、言い逃れできないような具体的な指摘は上手くかわせない厄介な正論です。
  • うるさい女への接し方&対処法!<続き>

    さらに、うるさい女への接し方や対処法に悩んでいる人のために、より効果的な方法も解説していきます。

    うるさい女とはどうすれば上手く付き合えるのか、どう接していくのが正解なのか、悩んでいる人はぜひご覧ください。

    完全に距離を置く


    可能であれば完全に距離を置くことが、お互いにとって良い方法だと言えます。距離を置いてもうるさい女から干渉される可能性はありますが、あなたがまったく興味を示さなければ、次第にうるさい女からの接触も減っていくでしょう。

    連絡先を削除・ブロックし、できるだけ顔を合わせないように心がけ、完全に距離を置いてみてくださいね。

    うるさい女に遠回しに苦言を呈する


    うるさい女は、自分がうるさい女で周りに迷惑をかけているという自覚がありません。そのため、遠回しに「声が大きい人ってあまり好かれないよね」「悪口言いすぎる人ってちょっと苦手」など、遠回しにうるさい女の特徴に苦言を呈しましょう。

    もちろん遠回しに伝えるだけでは、うるさい女は自分がうるさい女だとは自覚しません。しかし、優位に立って好かれたいという気持ちが強いため、周りが具体的に苦手な人の特徴を言っていけば「嫌われないように気をつけよう」という意識を持つようになるのです。

    中には「自分は絶対そんな人じゃない」と自信を持っていて注意を向けない人もいますが、効果がある人もいるため、試して損はないと言えるでしょう。

    割り切って接する


    「この人はこういう性格だから仕方がない」と自分の中で割り切って接することも、うるさい女と上手く接する方法です。うるさい女はプライドが高く非を認めようとはしないため、いくら指摘しても改善されないことは珍しくありません。そんなうるさい女と真正面から向き合おうとすれば、疲れやストレスが溜まってしまうでしょう。

    どうしても距離を置けない関係性ならば、うるさい女として割り切って接すると、ストレスを溜めずにいられます。うるさい女に期待せず、うるさい女以外の周りの人とできるだけ協力していくことで、トラブルに巻き込まれることもなくなるでしょう。

    真っ向から反論していく


    あまりおすすめできない方法ですが、どうしてもうるさい女と真正面から向き合いたいならば、何かある度に真っ向から反論していくという対処法もあります。

    空気を読まず声が大きいことが気になったならば、「声が大きいから静かにしてほしい」と伝え、悪口を言いふらしているのが不快なら、「悪口言い過ぎてるけど大丈夫?」と言ってみましょう。彼女の発言や行動に対して、逐一具体的に指摘することで、うるさい女が正当化して逃れるのを防ぐことができます。

    ただし、相手はプライドが高く非を認めたがらないため、トラブルに発展する可能性は高いと言えるでしょう。また、やりすぎるとイジメと思われることもあるため注意が必要です。加減を考え、適切な場面で言い過ぎないように注意をしながら、指摘や反論をしていきましょう。