「うるさい女」は男性にモテない?その特徴と嫌われる理由を大公開!

  • うるさい女の特徴《会話編》

    性格だけでなく会話にも注目してみると、うるさい女が嫌われる理由が見えてくることがあります。うるさい女の会話は特徴的で、知れば知るほど嫌われる要素が多いことに気付かされるでしょう。

    嫌われる女はどんな会話を主にしているのか、嫌われる女に多く見られる会話の特徴をまとめてみました。

    すぐに人の悪口を言う


    ほとんどのうるさい女は、すぐに人の悪口を言います。自分に都合よく生きていたいという気持ちが強いため、自分の思い通りにならない人の悪口を言いがちになってしまうのです。また、自分は人よりも優れているという自信があるため、他人を見下すために悪口を言うことも珍しくありません。

    すぐに悪口を言う人は、たとえうるさい女でなくても嫌われることがほとんどです。うるさい女は悪口の他にも嫌われる特徴が多いため、余計に嫌われやすいと言えるでしょう。

    話す時の声が大きい


    うるさい女は、基本的に話す時の声が大きいという特徴があります。TPOをわきまえず、いつでも大きな声で話していることが多いため、場違い、空気が読めないと感じられることも少なくありません。悪目立ちすることが多いため、一緒にいるだけで恥ずかしいと思われることもあるでしょう。

    たとえ話している内容が嫌われるような内容ではなかったとしても、声の大きさが耳障りだと感じてしまい、嫌われる原因になるのです。

    何事も正当化する


    会話の中で、うるさい女は何事においても自分を正当化しようと考えています。プライドが高く、周りよりも自分は正しいと考えているため、批判や指摘を素直に受け入れないのです。

    そんな都合の良い一面は、当然ながら万人受けはしません。都合が良い意見しか聞かず、何事も正当化しようとする自分勝手な一面には呆れる人がほとんど。責任逃れしようとしているようにも見えるため、不誠実な印象を持たれやすいと言えます。

    都合が良いことしか言わない


    都合が良いことしか言わないのも、うるさい女に多く見られる会話の特徴です。できるだけ非を認めたくないと考えているため、決定的なことを言うのは避けます。都合が良いことしか言わず、のらりくらりとやりすごそうと会話の中で考えているのです。

    ただし、それでも周りより優位に立ちたいと考えているため、都合の良いことを言って、自分の存在を正当化しようと考えています。そんな無責任で都合が良い姿に、一緒にいて疲れると感じる人は多いのです。

    否定的な言動が多い


    「でも」「だって」という否定的な言葉が多いのも、うるさい女に多くみられる特徴です。非を認めたくないという気持ちが強いため、指摘されても素直に受け入れられず、正当化するために否定的な言葉を多用します。

    また、他人よりも自分は優れていると感じているため、他人を否定することも珍しくありません。基本的に否定的な言葉を多く使うため、会話をしていてもつまらないと感じられることが多いでしょう。

    相手によって発言がコロコロ変わる


    八方美人な性格でもあるため、相手によって発言がコロコロ変わりやすいのもうるさい女に多く見られる特徴でしょう。誰に対しても良い顔をして、自分に都合良く物事を進めたいと考えているため、発言に一貫性がありません。コロコロと意見や考えが変わり、周りが困惑することは多いと言えます。

    そんな発言が多いため、周りからは信用できないと思われることがほとんどです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)