「うるさい女」は男性にモテない?その特徴と嫌われる理由を大公開!

  • うるさい女が嫌われる理由と男性の本音

    うるさい女の特徴を見る限り、「たしかにこれでは嫌われる」と感じた人も多いのではないでしょうか。うるさい女は接しているだけで疲れることが多いため、敬遠されがちな存在だと言えます。

    さらに、そんなうるさい女が嫌われる理由について、男性の本音をまとめてみました。男性はどんな理由でうるさい女を嫌うのでしょうか?早速男性の意見を見ていきましょう。

    大きい声やリアクションがうざい


    「単純に声がうるさいし、リアクションもいちいち大きくてうざい」(28歳/男性/会社員)

    大きな声やオーバーリアクションはうるさい女最大の特徴です。たとえ発言や行動が非常識ではなかったとしても、大きな声やオーバーリアクションが苦手な人からしてみれば、うざいと感じられてしまいます。

    言いたいことがわからず話していて疲れる


    「声が大きいだけで何を伝えたいのかわからないし、話にも行動にも一貫性がないから、話していて疲れる」(35歳/男性/公務員)

    うるさい女は発言がコロコロ変わるという特徴を持っています。人によって言うことを変えたり、行動と発言に矛盾が生じていたりするため、それを見ている人から「何を伝えたいのかわからない」と思われる原因になっています。

    それでいて声だけは大きいため、会話に集中しようと思っても、声のボリュームに気を取られてしまうことがほとんどです。「なかなか会話の内容が掴めない」と感じる人も少なくありません。

    自分ルールの押し付けがきつい


    「自分勝手で非常識だと言われている女友達は、何かと自分の価値観を押し付けてきてうざい。納得できる内容なら良いけど、常識もない内容を押し付けられても困る…」(31歳/男性/サービス業)

    ご都合主義な考えをしていることが多いうるさい女ですが、自分は人よりデキていると自信を持っている人がほとんど。そのため、良かれと思って自分ルールを他人に押し付けることが多く、迷惑がられていることに気づきません。

    うるさい女自身は良かれと思って言ってくるだけに、対応に困ると感じる男性は多くいます。

    一緒にいて恥ずかしい


    「会社の上司が非常識な行動が多くて声も大きいから、とにかく一緒にいると悪目立ちする。自分も同じように見られているのかもと思うと恥ずかしいし、距離を置きたい」(27歳/男性/販売業)

    非常識な行動を取る人は悪目立ちをします。さらに声やリアクションが大きいと、その悪目立ち度は高まることに。一緒にいるだけで同類だと思われ、白い目で見られてしまうことは少なくありません。

    発言が変わりすぎて信用できない


    「声もリアクションも大きいから、離れていても誰に何を言っているのかだいたいわかってしまう。人によって発言を変えているから、何を言われても信用できない」(23歳/男性/販売業)

    八方美人な一面があるうるさい女ですが、声やリアクションの大きさから、近くにいれば発言がコロコロ変わっていることに気づく人は多くいます。そういった一面を知っていると、何を言われても信じられないと感じる人がほとんどです。

    何かと言い訳してくるのがうざい


    「何か指摘しても言い訳ばかりされるから、バカバカしく思う時がある。自己主張だけは立派にするけど、中身が何もないから指摘されると困るのかなと思う」(26歳/男性/美容師)

    基本的に自分に都合が良いことしか言わないうるさい女は、指摘されると言い訳ばかりなところもあります。自分を棚に上げようとするところもあるため、指摘されてもなんとかして言い逃れようとすることも少なくありません。
  • うるさい女にならないための方法とは?

    うるさい女の特徴や、男性の本音に注目していくと、「自分はうるさい女になっていないかな…」と不安に思う人も出てくるでしょう。うるさい女には、自分がうるさい女だという自覚がほとんどありません。それどころか、自分は周りから好かれていると勘違いしているケースもあります。

    そんな勘違いをしないようにするために、うるさい女にならない方法をまとめてみました。どんなことに気をつければうるさい女にならずに済むのか、解説していきましょう。

    声の大きさやリアクションを抑える


    どんなに性格や行動が常識的でも、声やリアクションが大きければ、うるさい女認定されてしまいます。特に男性は女性の大きな声に苦手意識を持つ人が多いため、声やリアクションの大きさには注意をしたほうが良いでしょう。

    特に気をつけたいのは、公共の場や静かにしなくてはいけない状況下での声やリアクションの大きさです。たとえ普段は声が大きいことを褒められていたとしても、場や空気を考えなければ悪印象に繋がりかねません。

    大きな声やリアクションを取る時は、今それをして適切なのかどうかを考えてみましょう。また、うるさい女に極力なりたくないと考えている人は、日常的に声とリアクションの大きさに気を使ってみてくださいね。

    相手の話を最後まで聞く


    相手の話を最後まで聞くことで、うるさい女だと思われなくなるでしょう。うるさい女はとにかく自分の主張を通したいと考えているため、人の話を聞きません。たとえ聞いていたとしても、途中で遮ったり否定したりして、話を中断してしまいます。そうなると、相手からはうるさい女として見られる可能性が出てきてしまうでしょう。

    話を遮ることなく最後まで聞くことで、うるさい女として見られる危険性は少なくなります。それどころか聞き上手だと思われ、周りからの印象がアップすることも期待できます。

    相手の意見にはできるだけ否定的な言葉は使わず、自分の意見を伝える時は押し付けすぎないように意識しましょう。

    常識的な行動を意識する


    常識的な行動を意識することは、うるさい女にならない方法の一つです。うるさい女は基本的に非常識な発言や行動が目立ちます。たとえ声自体は大きくなくても、非常識な発言や行動は悪目立ちするため、声やリアクションが大きく感じられ、うるさいと思われる可能性は高くなります。

    また、非常識な発言や行動は、周りの人に「一緒にいて恥ずかしい」と思われる原因になることも珍しくありません。そうなると次第に周りから人がいなくなってしまう恐れが出てきます。

    うるさい女にならないためにも、常識やモラルを意識した振る舞いを心がけましょう。

    空気を読む


    うるさい女にならないために、空気を読む努力をしましょう。うるさい女は空気を読めないため、そういった自分勝手な一面に批判が集まると言えます。

    たとえ空気を読むのが苦手だとしても、空気を読む努力をしていくことが大切です。うるさい女は最初から空気を読まないで自分勝手な振る舞いをするため、そんな一面に嫌悪感を持たれています。そのため、空気を頑張って読もうとしている人のことを悪く思う人はいません。

    結果的に読めなかったとしても、うるさい女として見られる可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

    周りからの指摘に耳を傾ける


    周りからの指摘に耳を傾けることも、うるさい女にならないための方法です。うるさい女はプライドが高く、自分を棚に上げ、正当化することを重視しています。そのため、周りから指摘されたとしても聞き逃し、自分の非は認めません。

    そうなってしまうとうるさい女として見られてしまうため、周りからの指摘には素直に耳を傾けるようにしましょう。特に自分の振る舞いについてのアドバイスは参考にするのがおすすめ。非常識なのか、空気を読めていないのか、それらのアドバイスは自分ではなかなか自覚できないものです。

    アドバイスをされたら参考にして、どのような点に気をつければいいのか意識しながら過ごしてみましょう。

    発言と行動に責任を持つ


    うるさい女にならないために、発言と行動に責任を持つことを意識することも大切です。うるさい女は責任を負うことを嫌っています。都合の良い言葉は言いたいものの、その言葉に見合う実力を持っていないことがほとんど。そのため、トラブルが起きても対処しきれないと心の中では自覚しているため、責任からは逃れたいと考えます。

    しかし、そういった自分勝手な意識は他人からは簡単に見破られることも少なくありません。一緒に行動していれば、都合よく振る舞いたいという下心が見え隠れするため、隠そうと思ってもバレてしまうのです。

    そうならないために、発言や行動には責任を持つようにしましょう。発言や行動に一貫性を持ち、できるだけ矛盾しないように意識することが大切です。