関西人の性格の特徴を徹底調査!その恋愛傾向や関東人との違いとは?

この記事では、関西人の特徴や恋愛傾向、関東人との違いについて詳しく解説していきます。職場や学校に関西人がいるから気持ちを知りたい!という人はもちろん、関西に引っ越す予定がある人や、好きな人が関西人という人、とにかく関西が好きやねん!という人も、ぜひご覧ください。

  • 関西人ってどんな性格?恋愛観や関東との違いも調査

    テレビの影響もあり、関西といえば「お笑い」「明るい」というイメージが定着しています。ドラマやアニメなどでも、関西弁を使うキャラクターはよく喋るという設定が多いですよね。しかし実際はどうなのでしょうか?

    この記事では、関西人についてのイロイロを詳しく解説していきます。関西についてもっと詳しく知りたい人や、好きな人が関西人という人は、是非ご覧下さい。

    そもそも「関西人」とは?


    関西地域に住んでいる人のことをざっくりと関西人と呼びますが、関東人がイメージしている「関西人」は近畿地方に住んでいる人ではないでしょうか。中でも大阪には、吉本新喜劇の中からそのまま出てきたような、ちょっと懐かしい「アナログタイプ」の関西人が今でもたくさんいます。

    しかし、関西人といってもひとくくりにしてはいけません。京都府民と大阪府民では雰囲気や性格が少し違います。京都府民の中には「大阪人と一緒しないで欲しい」と思っている人もいるので、注意が必要です。

    関西人と関東人の性格は合わないって本当?


    関西人と関東人の性格は、同じ日本人でも違う部分が多々あります。もちろん人によりますが、関西人の中でも特に大阪人は「お笑い」の文化を大切にしており、人と話をする場合は、いかに面白くコミュニケーションを取れるかを重要視しています。関東人の耳には関西人の会話が漫才のように聞こえるのもそのせいです。

    一方、関東人は、人を傷付けないように相手の気持ちを察しながら会話する人が多いです。楽しいコミュニケーションを重要とするのではなく、いかに事実をスマートに伝えられるのかを大事にしているんですね。

    話の伝え方や大事にしている部分が異なるので、関西人と関東人は性格が合わないというよりも、「考え方が違う」という言い方をした方が適切でしょう。

    関西と関東はこんなに文化が違う!


    関東と関西では、日常生活を送る中でもちょっとした違いがあります。例えばエスカレーターです。大阪では右側に立ちますが、東京は左側に立ちます。旅行などで違和感を覚えることもありますよね。

    他にも、お雑煮の味や桜餅の形、うどんの出汁の色など、食べ物では特に多くの違いがあります。これらの違いを知っておけば、関東人なのか関西人なのか、すぐに見分ける事が出来ますよ。
  • 関西人の性格の特徴とは?

    次は、関西人の性格について、その特徴を解説していきます。また、関西の中でもさらに出身地がどこなのかを見分ける方法も伝授します!同じ関西人でも、場所によって性格がそれぞれ異なります。

    コミュ力が高くてフレンドリー


    関西人は初対面の人にでもフレンドリーに話しかけられる人が多く、コミュニケーション能力が高いと言われています。例えば大阪で見知らぬ人に道を聞けば、「ここを真っすぐ行くやろ、そんで突き当りをビューッと左に曲がって…」と細かく教えてくれるでしょう。聞かれた人も分からない場合は、近くにいる別の人に聞いてくれる人もいるぐらいです。

    困っている人がいたら助けてあげる、知らない人ともすぐに友達になれるなど、人情味に溢れているのが関西人の特徴です。明るくてあっけらかんとしている性格の人が多いですね。

    地元への愛が強い


    関西人は地元を誇りに思っており、出身地の悪口を言われるのを嫌がります。特に京都府民や大阪府民にとって地元は特別です。上京しても関西弁を標準語に直さない人が多いように、方言や関西文化をとても大切にしているのです。

    東京で活躍している芸能人が関西出身だと知ると嬉しくなったり、好感度が上がってしまうのも、仲間意識のようなものが関西人は強いからなのでしょう。

    声が大きくてお喋り好き


    声が大きくてお喋りなのも、関西人の特徴です。関西では電車の中でも話し声がよく聞こえてきますし、大阪のおばちゃんは美術館や博物館でもよく喋っています。特に大阪人は生まれたときからお笑い文化と共に育つので、自分に注目してもらうために大きな声で話すようになるのかもしれません。

    また、声量がさほど大きくなくても、関東の人からすれば関西の独特なイントネーションがよく耳につくので、声が大きく感じるのでしょう。

    京都府民はプライドが高い?


    京都府民は、大阪府民や奈良県民などとは少し違った性格を持っています。歴史の上では、京都は1000年以上も日本の首都だったので、今でも「京都が一番」と考えている人が多いのですが、しかしながらそれを口には出しません。お高くとまった雰囲気を持っているのが、プライドが高いと言われる原因でしょう。

    また、大阪弁と京都弁を一緒にされるのも我慢ならないようですね。はんなりとした印象の京都府民ですが、大阪府民以上に地元を愛しており、負けず嫌いな性格です。また、怒りを表情に出さず、ニコニコしながら心の中では激怒している、なんて事もあります。

    大阪府民はボケツッコミが命


    一方で大阪府民は、見た目や話し方が怖くても、性格は優しくて人情味溢れている人が多いです。京都府民とは違い、思ったことを素直に口に出す人が多いので、他府県民の人とトラブルになってしまう事も。

    また、友人同士の会話でもボケ役とツッコミ役がきちんと分かれており、普段の会話でも「なんでやねん」「アホちゃうか」などの言葉が飛び交っています。しかし、大阪府民独特のノリは、他府県民からは理解されない事もあり、「図々しい」と思われてしまうことも。しかし悪意があるわけでないので、大阪府民と付き合う場合は、少しの失言は受け流してあげましょう。

    奈良県民は平和主義


    大阪府、京都府と、個性の強いご近所さんに囲まれた奈良県民は、誰にでも優しい平和主義者ですが、内面には熱い情熱を秘めています。他人には警戒心を抱く人も多いようですね。規律に厳しく、ルール違反をするような人が苦手な人が多い傾向となっています。大阪と京都に隠れがちですが、奈良県民も関西人らしさをきちんと持っています。