大器晩成型の意味と特徴を解説!見習って今から成功を目指そう!

「大器晩成」という言葉の意味をご存知でしょうか。大器晩成の意味や、大器晩成型の人の特徴を知って、大器晩成型の人生を目指してみましょう。大器晩成型の偉人や有名人も紹介していきますので、大器晩成型の人生を目指したい人は、ぜひチェックしてみてください。

  • 「大器晩成型の人」その意味とは?

    人生はなかなか自分の思い描いたとおりに進まないことも多く、「自分は凡人だ」「何をやっても普通」「色々挑戦したけど成功したことがほとんどない」と思っている人がほとんどではないでしょうか。若くして成功している人を見ると、何だか切ない気持ちになったりするものです。

    若いうちに成功する人がいるのは事実ですが、今、あなたが30代や40代だからといって、今後成功することがないわけではありません。残りの人生に希望を持って生きたいと思っている人に、今回は「大器晩成」のお話をしていきましょう。人生をより良くするために、ぜひチェックしてみてください。

    大器晩成の意味とは?


    「大器晩成」という漢字を見ても分かるとおり「大きな器はできあがるまでに時間がかかる」という意味があります。偉大な人物でもすぐ成功することはほとんどなく、大きな業を成し遂げるまでに時間がかかるということですね。

    本来は若者に向けて「大成するには時間がかかるよ」という意味で使われていたのですが、成果を早く求める現代では、若者ではなく晩年になってから成功した人に向けて使われることが多いと言えるでしょう。

    また、才能があるのに四苦八苦している人に向けて慰めの意味で使われることもあります。まだ成功していない人に希望を与えてくれる言葉でもあるのですね。

    大器晩成の由来


    中国春秋時代に存在した哲学者、老子が残した書物「老子」の中の一節に「大器晩成」という言葉があり、これが大器晩成の由来と言われています。この言葉は、日本でも四字熟語として頻繁に使われるようになりました。

    「大きな器ができあがるのには時間がかかる」という言葉を4つの漢字のみで表現しているところが、いかにも中国らしいですね。

    大器晩成の対義語


    成功するまでには時間がかかるという意味を持つ「大器晩成」には、まったく逆の意味の対義語があります。「栴檀双葉(せんだんのふたば)」がそれです。

    栴檀とは、ビャクダン(白檀)のことを指し、芽生えたばかりの双葉の頃にすでに良い香りを放っていることから、「才能のある人間は幼少期からすでに素質を持っている」という意味を表現しています。

    もともとは「栴檀は双葉より芳し」という言葉でしたが、現代では「栴檀双葉」と略されて使用されることの方が多いようです。

    何歳で成功すると大器晩成型?


    10代や20代で成功する人のことを「大器晩成」と表現することはありません。明確に「何歳からが大器晩成」というルールはないものの、一般的に40代後半から50代、60代など、中年から高齢にかけてやっと成功する人のことを「大器晩成」と表現することが多いようです。

    3、4年で成功する人より、20年、30年という長期間努力し続け、やっと成功するタイプの人にピッタリの言葉だと言えるでしょう。