目隠しセックスは刺激的?やり方&盛り上げテクニックを大公開!

  • 目隠しセックスのパターンとやり方!

    では早速、目隠しセックスのパターンやシチュエーション、またやり方について解説いきたいと思います。

    アイマスクを使って目隠し


    目隠し用のアイテムで、一番のオススメはアイマスクです。ベッドにアイマスクが置かれていても、何ら不自然ではありません。セックス前に、目隠しプレイをしたいという気持ちがバレることはないでしょう。

    セックス中にふとアイマスクに気付いたふりをして、「使ってみる?」とさりげなく提案してみましょう。

    用意する際の注意とては、アイマスクのサイズです。大きめのアイマスクだと、女性がつけた際ぶかぶかでサイズが合わないかもしれません。そのため、用意する際はサイズ調整できるものか、少し小さめのアイマスクを用意しておくと安心ですよ。

    目隠し用のタオルを用意しておく


    アイマスクを用意できない場合は、大きめのタオルでもOKです。タオルもアイマスク同様、枕元にあっても不自然ではありません。

    タオルで目隠しをする場合も、アイマスクと同じように目隠しプレイを相手に提案します。承諾を得られたら、相手の瞼の上に軽くタオルを当てて、頭の後ろか横でタオルを結びます。

    タオルの場合は、強く結ぶと相手が痛がるかもしれないので、強く結び過ぎないように気を付けて下さい。また結び目を頭の後ろにした場合は、結び目が大きすぎると仰向けになった際に邪魔になってしまいます。結び目が大きい場合は、結び目が頭の横にくるように調整しましょう。

    脱いだ服で目隠し


    セックス中に、脱がせた服を利用して目隠しをする方法もあります。こちらは少し上級者向けですが、目隠しセックスに馴れてきたカップルがスムーズに実践できれば、非常に盛り上がるでしょう。

    目隠しするのは脱いだ服、または脱いでいる途中の服でも構いません。脱いだワイシャツで優しく相手の目を隠し、そのまま結んで目隠し状態にしましょう。脱いでいる途中のシャツをそのまま全部脱がさず、着衣セックスのような状態で目隠しするのも良いでしょう。

    ネクタイで目隠し


    さらに上級者向けの目隠しプレイがしたいという人にオススメなのが、ネクタイを使った目隠しです。ネクタイは男性の正装に必須のアイテムです。ネクタイを目隠しに使用することで、いけないことをしているような背徳感から、興奮を覚えるという人も多いようです。

    目隠しをしたことがない女性に、いきなりネクタイを使うのはリスキーなので、ある程度目隠しセックスの経験がある相手に使用しましょう。勢いのままスムーズにネクタイで目隠しができれば、目隠しセックス上級者と言えるでしょう。
  • 目隠しセックスをするシチュエーション

    これまでの内容で、目隠しセックスの基本的なやり方や、パターンは理解してもらえたと思います。では目隠しセックスは、どのようなシチュエーションで行うのが良いのでしょうか?ひとつずつ見ていきましょう。

    セックスにマンネリを感じたとき


    パートナーとのセックスにマンネリを感じて、いつもどおりのセックスでは満足できないと思った時。そんな時は、思い切って相手に目隠しプレイを提案してしてみましょう。

    セックスがマンネリになるということは、それだけパートナーと一緒に過ごす時間も長くなり、信頼関係も築かれているはずですので、よほどのことが無い限り断られることはないはずです。「今日は目隠しをしてみない?」とストレートに提案し、目隠しセックスでマンネリを打破しましょう。

    イベントなど特別な日


    誕生日などの特別な記念日に、いつもとは一味違ったセックスをして盛り上がりたいというときにも、目隠しセックスはとてもオススメです。

    大切な記念日を共に過ごし、夜の営みになった際に、「目隠しプレイがしたい」と提案してみましょう。特別な日ですから、盛り上がっているそのままの流れで目隠しをしても大丈夫でしょう。

    相手におねだりされて


    相手の男性に「目隠しプレイがしてみたい」とおねだりされることもあるでしょう。最初は恥ずかしいとは思いますが、一度目隠しセックスを経験してみたら女性の方がハマってしまった、ということもあるようです。

    新たな自分を発見できるチャンスかもしれません。一度は相手のお願いを聞いて、目隠しプレイに協力してあげるのもアリでしょう。

    自分の性癖を打ち明けて


    本当はSM好きなのに、せっかく付き合うことになって親密になった相手に性癖を隠し続けるのって、ツラくないですか?そんな時は、「目隠しをしていい?」または「目隠ししてほしい」と提案してみましょう。

    いきなりハードなSMプレイを要求したら、いくら親密になった相手でも引いてしまうかもしれません。目隠しセックスくらいのソフトSMをしたいと提案してみて、実はこういうプレイが好きということを告白してみましょう。

    一度経験したら、案外相手もSMにハマってくれるかもしれません。付き合っていく中で、身体の相性はとても重要です。信頼できる相手であれば、恥ずかしがらず一度相談してみることをオススメします。