ずるい「結婚しない男」の心理と特徴|結婚を拒む口実パターンとは?

  • ずるい訳じゃない?「結婚しない男」のマル秘事情

    結婚しない男性は多いですが、もちろんその全てがずるい男というわけではありません。彼女には言いづらい結婚しない理由がある場合も…。ここでは、そんな理由をいくつか紹介します。

    経済的に余裕がなく結婚できない


    日本のみならず世界中で貧富の差が拡大しています。とりあえず不自由なく生活が出来ていても、ギリギリの経済状況で暮らしている若い世代は多いでしょう。

    お金が人生の全てとは言えませんが、結婚するにはたくさんのお金がかかるというのは変えようのない事実です。そのため、家族を養うだけの収入がない男性は、愛する人と結婚したくても二の足を踏んでしまいます。ずるい男性というわけではなく、先の人生を真剣に考えているからこそ「結婚しない」という決断をしている、とも考えることが出来ますね。

    実は男性が好き


    結婚しない男性の中には、実は男性が好きという人もいます。LGBTへの理解が進む一方で、日本では同性婚が認められている地域は未だ限られています。また職場や家族へのカミングアウトが簡単に出来ない人も多いという状況があるのです。

    このため、親しい女性がいても結婚に至らない男性もいるでしょう。その女性と性格が合っても、性的な関係や一生を共にする相手として同性を愛するのであれば、異性との結婚は今の日本では難しいと言えます。親しい男性がこのタイプの場合、ずるい男性という評価は妥当ではありません。

    家族ぐるみの付き合いが難しい


    家族の状況を考慮して結婚しない男性も、ずるい男とは言い難いでしょう。ほんの一例ですが、家族が病気をしていたり、特定の宗教の信者である場合は、結婚しない選択をする場合も。自分の家族を大切にしながらも無理に女性に理解をしてもらおうとしないのは、ある意味優しい男性と言えるかもしれませんね。

    他人を信用できない


    他人を信用することを放棄している男性は一部ではずるい男と揶揄されることもありますが、心に傷を抱えているせいで信用できないケースもあります。

    傷ついた経験は、人間の心に大きな影響を及ぼします。そしてそんな自分を防御するために、はじめから他人を信用しない癖を作ってしまうのでしょう。そのようなタイプの男性をずるい男だと決めつけても、関係の前進は見込めません。

    子供を育てることが困難


    結婚を考える時に、多くの男女は子供を持つかどうかも併せて考えることになります。子供を育てるのは難しいと判断した場合、「だったら結婚もしないでおこう」と考える人もいるでしょう。子供を結婚のきっかけや理由にする人が多いということは、逆に子供を望まない男性が結婚しない選択をするのも珍しいことではないと言えそうです。

    子供を持たないという決心には繊細な理由があるでしょうから、この理由で結婚しない男性はずるいとは言えないですね。

    過去に結婚を経験している


    過去に結婚を経験している男性の中には、2度目の結婚になかなか踏み出すことができない人もいるようです。「結婚は勢いが大事!」などと言われますが、してしまうと生活が一変してしまうのは周知のとおりでしょう。過去の結婚の記憶が良いものでなければ、もう一度結婚しようとはなかなか思えないのではないでしょうか。

    結婚のイメージが悪ければ、結婚しない選択をするのもおかしなことでは無いですね。男性のバックグラウンドを知っていれば、ずるい男だと感じることもないでしょう。