ずるい「結婚しない男」の心理と特徴|結婚を拒む口実パターンとは?

  • 「結婚しない男」は関わるだけ無駄?その理由とは

    結婚したいと思っている女性の中には、「結婚しない男に関わるのは時間の無駄だ」と思っている人も多いでしょう。「関わるのが無駄」とまで言われる理由を説明していきます。

    考え方が変わることはそうそうない


    男性がどんな理由でひとり身を貫いているかにかかわらず、大人になったら考え方が簡単に変わることはそうそうありません。大人になって価値観が固まってしまったら、たとえ彼女に諭されても、他人の考え方を受け入れることは難しいものです。特にずるい男は自分の考えを貫くことにこだわる傾向があり、考え方を変えてもらうには相当の時間を要することになるでしょう。

    考え方が変わる保証も無いのに長い時間を待つのは、結婚したい女性にとっては大きなリスクとなり得ます。そのため、「結婚しない男に関わるのは無駄だ」と思ってしまうのでしょう。

    結婚しても幸せになれる可能性が低い


    結婚したくない男性に無理やり結婚してもらっても、残念ながら幸せになれる可能性は低いでしょう。ずるい男には結婚に二の足を踏む理由があり、それは結婚したからと言って払拭されるものではないからです。また結婚にはお金がかかり、ひとりがふたりになることで生活も一変します。

    心から希望していない結婚をする場合、新生活の中でも意見が食い違ってぶつかることは多いはずです。結婚はゴールではありません。このような場合は結婚しても幸せになれる可能性が低いと言えるでしょう。

    ずるい男性は言葉が上手い


    ずるい男は言葉が上手いため、付き合っていても中途半端に結婚をチラつかせるだけで、結婚が叶わない場合が多いです。それをわかっている女性は、「関わるだけ無駄だ」と考えるでしょう。ずるい男と交際しても、ズルズルと付き合いを長引かせるだけで時間を浪費してしまいがちだからです。

    本当にずるい男は、自分のどんな言葉が彼女の心に刺さるのかわかっている場合が多いです。結婚を期待して待っている時間だけが長くなっていくのは勿体無いですよね。

    他の女性との恋愛も視野に入っている


    付き合っている女性がいるのに、他の女性との恋愛を望んでいる男性は「関わる価値が無い」と断定してしまっても良いかもしれません。1人の女性との付き合いに集中できない男性は、結婚後に他の女性になびく可能性を拭いきれないからです。ほとんどの人は結婚に安定を求めているので、常に他の女性を意識しなければならない恋愛は苦しいと感じてしまうのでしょう。

    金銭感覚が確立されている場合が多い


    ひとりでいる期間が長いほど、金銭感覚が確立されている場合が多いと言えるでしょう。お金の使い方はプライベートなものですので、ある程度距離を保った友人などとは金銭感覚の違いでぶつかることはほとんど無いのではないでしょうか。しかし結婚となると、金銭感覚は非常に重要なものだと分かってしまいます。

    ずるい男性はこれに気づいている場合が多く、金銭感覚のすり合わせを面倒と感じることがあります。ずるい男性は彼女の意見に乗ることもしないため、金銭感覚に違いがある場合、結婚に繋げるのは非常に困難と言えるのです。

    「未婚」がマイノリティではなくなった


    「未婚」がマイノリティではなくなった昨今、女性は「結婚適齢期になれば彼氏もその気になるだろう」などと期待を持てなくなったのではないでしょうか。ひと昔前は今よりも結婚適齢期を気にする人が多く、結婚を焦る男性も多かったです。しかし現在は自由が尊重されています。

    結婚したくないと明確に考えている男性は意外と多く、またシングルでいても恥ずかしくない時代になったことで、結婚しない男性がますます増えているのかもしれません。このような男性に関わっていても、結婚したい女性は満たされることは少ないと言えるでしょう。