ずるい「結婚しない男」の心理と特徴|結婚を拒む口実パターンとは?

  • ずるい「結婚しない男」口実パターン

    「結婚しない男」にも、女性からのアプローチはあります。女性からのアプローチされた時、男性はどのようにして結婚を避けているのでしょうか。いろいろな「ずるい言い回し」があるようです。ぜひチェックしてみてください。

    「夢を追っているから」


    「夢を追っているから結婚できない」という男性がまわりにいる、という女性は多いでしょう。夢を追っていると言われたら、多くの女性はなかなか否定することは出来ないでしょう。その夢がどんなに難しいことであろうと、それを否定してしまうとカップルの仲すら危うくしてしまう可能性があるからです。

    この場合、女性から「夢を諦めて欲しい」とはなかなか言えず、ズルズルと時間が過ぎて行きがちです。ずるい男性は、この言葉で彼女を動けなくしてしまう可能性があるでしょう。

    「ひとりでいることが好きだから」


    結婚をのぞむ彼女との間に一線を引いてしまうのが、「ひとりでいるのが好きだから」という一言でしょう。多くを語らずに結婚する気がないことを宣言する、ずるいセリフと言えます。実際にひとりの時間を楽しんでいる男性はたくさんいるので、この発言が嘘とは言えませんが、女性としては寂しい一言ですね。

    「ひとりが好き」と言われたら、女性は付きまとうことも出来ないので、彼女に手を引いて欲しい時にずるい男が使う常套句とも言えます。

    「仕事が忙しいから」


    「仕事が忙しいから」と言われたことのある女性は、かなり多いのではないでしょうか。このセリフも、ずるい男性にとっては非常に使いやすい言葉です。また女性相手ではなく、家族や友人に結婚のことを聞かれたときにも言えるセリフですね。

    仕事が忙しいと言っておけば、しつこく結婚を迫られることも少ないでしょう。とはいえ、実際に仕事で忙しくしていて婚期を逃す人は多いので、相手がずるい男か判断するのはケースバイケースと言えるでしょう。

    「交際期間がまだ短いから」


    「交際期間が短いから」という理由で、結婚までの時間を引き伸ばす男性もいます。男女問わず、結婚までに時間を要するタイプの人はたくさんいますよね。これを言葉通り受け入れるのもアリですが、結婚する気がないのを隠すずるい男性もこのセリフを使うことがありますので注意です。

    「交際期間が短いからまだ無理」ということは、交際期間が長くなれば結婚できるということでは?と期待してしまいそうですが、交際中に別れてしまう可能性がある以上、確実なものとは言えません。このセリフは苦し紛れに発された可能性もあると懸念しておいても良いかもしれませんね。

    「男友達はまだ結婚していないから」


    「男友達の結婚がまだだから自分も結婚しない」というのは、ずるい男の言い訳と考える女性もいるのではないでしょうか。結婚に踏み切れない理由として、友人の状況を挙げる理由は二つ考えられます。一つは友人に流されやすい場合、もう一つは結婚したくない別の理由を隠している場合です。

    男女問わず、適齢期になると、同年代の友人知人を中心に結婚ブームが巻き起こるものですが、彼氏からプロポーズされる時には、友達の状況などに影響されずに求婚されたいものですね。

    「ずるいとは思うけど、まだ決心できない」


    「ずるいとは思うけど、まだ決心できない」というセリフに対しては、女性からの意見がキッパリ分かれそうです。このように言った男性を素直に受け止める女性もいると思いますが、この一言で一気に恋心から冷めてしまう女性もいるでしょう。男性が自分のことを「ずるい」と認めているのが、このセリフのポイントと言えるでしょう。

    自分を「ずるい」という男性は、正直で嘘のつけない人だとも言えるでしょう。決心してくれるまで待ちたいと思う女性も多いかもしれません。しかし、ある意味、女性をコントロールするずるいセリフと言うこともできるのではないでしょうか。