生理中にオナニーはしても大丈夫?女性の本音&する際の注意点を解説

  • 生理中にオナニーする際の注意点

    生理中のオナニーは、ホルモンバランスを整え気分を落ち着けてくれるなど、体に良い効果をもたらしてくれます。ただ、何度もお伝えしているように、生理中の女性の身体はデリケートで繊細な状態なので注意も必要です。

    普段と同じようなオナニーをしてしまう事で、性器や腟内を傷つけてしまったり、感染症を引き起こしてしまう可能性もあります。生理中のオナニーをする際は、清潔に保つ事、普段よりも優しく触る事を意識しましょう。

    衛生面に気を付ける


    生理中のオナニーでは、清潔に保つ事が最優先事項です!手をきれいに洗うのはもちろん、オナニーの前後に性器をシャワーなどで流してあげる事で、より衛生的で清潔に保つ事ができます。

    腟の中への刺激はできるだけ避けて、直接触らないように下着やナプキンの上から優しく刺激してあげましょう。直接触らない事で、傷つけてしまう事を防ぎ、安心してオナニーができます。経血などが指や爪の間に入ってしまうと不衛生ですし、血だらけで見た目も良くないですよね。

    生理中の繊細でデリケートな身体と心のバランスを大切にし、清潔で安全に楽しみましょう。

    指やバイブは膣に入れない


    指やバイブを腟へ挿入する事は、生理が終わるまでのお楽しみにしておきましょう。普段よりもデリケートな状態の腟に、挿入は厳禁です。いつもと同じような楽しみ方であっても、指やバイブを出し入れする事で膣内を傷つけてしまい、感染症を引き起こしてしまう恐れが高くなります。

    できるだけ優しく触れる事を心がけ、ゆっくり感度を高めていく事で気分を盛り上げていきましょう。

    どうしても刺激が欲しいという方は、ローターやバイブを下着の上からあててみるといいでしょう。普段より敏感な身体は、優しく刺激するだけでも十分感じる事ができますよ。

    湯船でのオナニーは避ける


    お風呂場でのオナニーは、シャワーで性器を清潔に保つ事ができるのでおすすめですが、湯船に入った状態でのオナニーは避けましょう。湯船のお湯の中には、身体に付着していた汚れや見えない雑菌がウヨウヨしています。それが膣内に入り込んでしまったら大変です。

    お風呂場で楽しむ場合は、前後にシャワーできれいに性器を流し、長時間お湯にさらしすぎないよう心がけましょう。性器を長時間お湯にさらしてしまうと、膣内を清潔に保とうとする常在菌まで流してしまい、感染症を引き起こしてしまう恐れもあるからです。

    汚れ対策を万全に


    生理中にベッドでオナニーを楽しみたい場合には、経血による汚れ対策を万全にする事で、安心して心大きなく楽しむ事ができます。ナプキンを使用する場合は、通常よりも後方へずらす事で経血漏れを防ぐ事ができますよ。

    万が一、経血が漏れてしまった時の事を考えると、ベッドにバスタオルを敷いておく事もおすすめです!もしもの時、処理がずっと楽ですし、心配になる必要もありません。また、経血で下着やタオルを汚してしまった場合は、お湯ではなくお水で洗いましょう。お水で洗う事で、経血が固まってしまう事を防いでくれます。