生理中にオナニーはしても大丈夫?女性の本音&する際の注意点を解説

  • 生理中にオナニーはする?しない?【女性の本音】

    生理中に感じてしまう、ムラムラとした気持ち。そんな気持ちを、世の中の女性はどう処理しているのでしょうか?オナニーで解消したいけど、さまざまな疑問や不安が出てきて実行できない…。そんな人も多いかと思います。

    ここからは、「経血が多い時は避けた方がいいのかな?」「ナプキンはどうしているんだろう?」などの疑問を解消するために、女性の本音を紹介していきます。

    ムラムラしたらやっちゃう


    「生理中にムラムラしちゃうことが多くて、お風呂場でオナニーをする事が多いです。お風呂場だったら、経血で下着や服などを汚してしまう心配もないし、終わった後もすぐにシャワーでキレイに流すこともできるから。シャワーのぬるま湯をクリトリスに流しながら、反対側の手で優しく刺激すると気持ちよくイケるんです。シャワーのお湯が心地良くて、それだけでも十分気持ち良いですし、満足できますよ!」(18歳/女性/接客業)

    オナニーをお風呂場ですることで、衛生面や後処理などの不安要素が解消されるという意見です。温かいシャワーのお湯をオナニーに取り入れる事で、普段とは違ったオナニーも楽しめそうですね。

    衛生面が気になるからやらない


    「生理中の経血が多い事と、敏感肌でナプキンの擦れでかぶれてしまうことがあるので、生理中にそういう気分になったとしても色々心配になって我慢しちゃう。ただでさえ敏感肌なのに、そこへ経血とかがついたまま刺激すると余計にかぶれちゃいそうだし、手が汚れるのも気になる」(25歳/女性/アパレル勤務)

    確かに、生理中に敏感肌で悩む女性も多いですよね。ナプキンでかぶれてしまっている状態でオナニーをしてしまうと、感染症を引き起こしてしまう可能性もあるので避けた方がいいでしょう。

    そんな時は、性器を触るオナニーをお休みして、胸や足などの他の性感帯でオナニーをするのがおすすめです。生理で敏感になっている身体を利用する事で、普段とは違う楽しみ方も発見できるはずです。

    ナプキンをずらしてベッドでしちゃう


    「ナプキンをつけたまま、ベッドに横になっていつものようにやっちゃいます。少しナプキンをずらすと、経血の漏れも結構防げます。オナニーが終わった後にそのままお風呂に入って流しちゃえば汚れも気にならないし、すっきりします。お風呂でのオナニーも試したことがあるんですが、なんだか落ち着かなくてイクことができずに、結局欲求不満になってしまって。ベッドがリラックスできるから、生理中でもベッドでしちゃいます」(25歳/女性/会社員)

    お風呂場だと処理は楽だけど、やっぱりベッドに横になってリラックスしたい女性も多いはず。夜用の大きめのナプキンを利用するのも良いですね。さらに、ベッドにバスタオルを敷いておくと、もしもの時にシーツを汚してしまう事を防ぐ事ができるのでおすすめです。

    タンポンを使えば気にならない


    「私はタンポン派なので、生理中でもそこまで経血を気にせずオナニーをしています。ただ、タンポンが腟の中に入っているので、腟の中に指を挿入する事はもちろんしないです。生理の後半の時期などは、下着の上から優しく触っていくだけでもすごく敏感になってる感じがして気持ちがいいんです。気分によっては、下着の上からローターを使って、クリ付近を刺激したりしてみたり。生理中でもオナニーはやめられないですね。一人でも快感を楽しんでいます」(29歳/女性/会社員)

    タンポンを利用する事で、経血の問題を解消できるという意見です。生理中のオナニーでも、場所を選ばずに安心して楽しめそうですね。ただ、注意して欲しいのは、タンポンを入れていることを忘れて、指などを挿入してタンポンを奥へ押し込んでしまう事!興奮しすぎて忘れないようにしましょう。