「悶々とする」の意味とは?男性を悶々とさせる女性の言動を解説!

  • 悶々とする気持ちを発散するには?

    何をどうしても悶々としてしまうときは、どうすれば良いのでしょうか。ここでは、悶々とした気持ちを発散する方法をいくつかご紹介していきます。

    友達とお喋りする


    悶々とした気持ちを発散するには、人に話すというのが有効な方法です。人に話すことで悩みを整理できますし、整理する過程で自分なりの対策方法も思いつくこともあります。

    また、話を聞いてくれた相手から適切なアドバイスを得られる場合もあるので、人と話すのが苦痛ではないなら、友達とおしゃべりをしに行くのもおすすめです。

    嫌なことばかり考えるのをやめる


    嫌なことを考えていると、ずっと悶々とした気持ちになってしまいます。また、マイナスの思考が止まらなくなり、ますます悪い方向に考えてしまうこともあるので注意が必要です。

    嫌なことを次々と考えてしまうときは、一旦その場を離れたり、ストレッチをするなどして気持ちを切り替えていきましょう。自由にできる状況なら、楽しいことや自分の好きなことをして気分を上げていくとより効果的です。

    直接聞いてみる


    自分で考えて悶々としているだけでは、何もわからないこともあります。考えているだけではどうしても解決しない場合は、直接本人に聞いてみるのも良いでしょう。

    ただし、無理に聞き出すようなことはしてはいけません。悶々としていることを聞くときは、感情的にならないように、またできるだけ具体的に尋ねるようにしてください。

    デートしたくないなら誘わない


    デートした相手やデート内容のことで、どうしても悶々としてしまう場合は、その相手とは次のデートの予定を入れないようにしましょう。デートを続けて不快な思いをしそうであれば、次からデートをしないという選択肢もあります。

    何となく惰性で付き合っているけど、デートするたびにモヤモヤするなら、一旦お付き合いをお休みしてみてください。

    別の人を誘ってみる


    悶々としてしまう人と一緒に過ごすよりも、別の人と過ごした方が楽しい時間を過ごせるかもしれません。同じ人とばかりデートやお出かけをしないで、色々な人と時間を過ごしてみてください。

    別の視点が得られるかもしれませんし、悶々とした気持ちにならずに済むかもしれません。また、悶々とした気持ちの答えを見つけられる可能性もあります。

    楽しいことをする


    楽しいことをしていると、嫌なことを考えている暇がありません。どうしても嫌な気持ちが頭から離れない場合は、自分の好きなことをやりましょう。

    楽しいことを見つけられない場合は、ストレッチや軽い運動、掃除などでも良いでしょう。軽く体を動かすだけでも、気持ちが晴れて嫌な気分が和らぐ可能性があります。