「悶々とする」の意味とは?男性を悶々とさせる女性の言動を解説!

  • 男性が悶々とする女性の言動《脈あり編》

    男性が悶々とする言葉は、脈なしの女性に言われた言葉だけではありません。脈ありの女性に言われた言葉であっても、意味がはっきりしない場合は悶々としてしまうこともあるようです。

    ここでは、脈ありの女性に言われて悶々とする言葉をご紹介していきます。

    「今日も素敵だね!」


    「気になっている女性がよく『今日も素敵だね』とか声をかけてくるんですが、他の男にもそんな言葉を言っているのではないかと悶々とします」(30代/男性)

    誰でも好きな相手からは「自分だけ」という特別扱いをされたいものですよね。自分だけに言われている言葉かそうでないかで、女性の気持ちを判断しようとする男性もいます。男性のことを気になっている場合は、他の男性には「頼りになる」などの言葉を言わないようにした方が良いでしょう。

    「会いたいよ…」


    「『会いたい』って言われると、どういう気持ちで言っているのか気になります。単に寂しいだけなのか、俺のことを好きなのか…」(30代/男性)

    女性が男性に「会いたい」という言う時の気持ちは様々です。「会いたい」という言葉の真意がわからないと、悶々としてしまうこともあるでしょう。

    「会いたい」という言葉を使えば、だいたい気持ちは伝わるものですが、鈍い男性には「あなたと一緒にいたい」などの言葉も一緒に伝えると、よりはっきり好意が伝わるのではないでしょうか。

    「一緒にいたいなあ」


    「この前、飲み会の帰りに『もっと一緒にいたいのに』と言われたんですが、これは告白だと思っていいのでしょうか!」(20代/男性)

    飲み会の帰りに言われたのであれば、だいたい告白だと思って良いのではないかと思います。でもはっきり言われないと自信が持てない男性なら、「もしかして酔ってるだけかも…」と悶々としてしまうかもしれませんね。

    自信が持てないタイプの男性には、「あなたが好きだから一緒にいたいの」ぐらいはっきり伝えたほうが伝わります。

    「絶対行こうね!」


    「割と強い感じで『絶対行こう』と誘われたんですが、具体的なスケジュールを立てて返信した方が良い案件なのかどうか、悶々とします」(30代/男性)

    女性に限らず「絶対行きましょう」というときは、だいたい行く意思があるときです。恋愛感情があるのかどうかは他の状況を見て判断する必要がありますが、具体的な予定を立てても大丈夫でしょう。

    「その日は無理だけど別の日は空いてるよ」


    「『その日は無理だけど、日曜日なら大丈夫』って連絡が来たんですが、僕は毎週日曜が出勤日なんです。これはわざと行き違いを狙ってるんでしょうか…」(30代/男性)

    スケジュールの都合が本当につかないだけかもしれないし、男性に予定があることを知っていて狙ってその日を提案したのかもしれないし、たしかに悶々としてしまいそうです。さらに別の日を提案したら、女性の真意がつかめるかもしれません。

    「〇〇は私も好きだから行きたいな」


    「『それ興味ある!今度誘ってね』って言われたんですが、本当に誘っていいのか悶々とします。どれぐらい本気で言ってるのか判断が難しいです」(20代/男性)

    「誘ってください」というセリフは、社交辞令のひとつとも考えられます。曖昧な表現が苦手な男性の場合、はっきりと本気度を示さないと伝わらないこともあるので気を付けましょう。