「両想い」の雰囲気には特徴がある?好意のサインを徹底解説!

ふたりが両想いなら、お互いに気持ちを伝えていなくても、雰囲気で何となく相手の気持ちが分かってしまうことが多いもの。その一方で、周囲は気付いているのに、本人たちだけが気付いていないというケースもあるでしょう。ここでは両想いの雰囲気とはどんなものか、その特徴を交えながらご紹介します。

  • 両想いは雰囲気でわかるって本当?

    恋愛中は誰もが、好きな人からどう思われているのか気になるでしょう。その感情が強ければ強いほどネガティブになりやすいですし、何かポジティブになれる理由を探してしまうはずです。

    本当は両想いなのに、気付くまでにずいぶん時間がかかってしまったりすることもあります。気付くのが遅すぎてしまい、相手が他に恋人を作ってしまうこともあるでしょう。そのような結果にならないためにも、ここでは両想いの2人がどのような雰囲気になるのか特徴をお伝えしていきます。

    周りにはバレバレ?両想いの雰囲気とは


    両想いの2人は当人同士だけが気付いていないというケースがよくあります。周囲から見れば「この2人はいつ付き合うのだろう?」と感じているのに、なかなか進展がない…という光景を目の当たりにしたこともあるでしょう。

    なんとなく他の異性を接し方が違ったり、いつも一緒にいるなど両想いの2人には特徴的な雰囲気があります。ですから、もし周囲から「あんなに仲が良いのになんで付き合わないの?」と聞かれたりしたときには、両想いのチャンスがあると見ていいかもしれませんね。

    勘違い両想いに要注意!


    ひとつ注意して頂きたいのが、「勘違い両想い」です。これはあなたが傷付くだけでなく、好きな人との距離も遠くなってしまう可能性があります。好きな人から優しくされれば誰もが嬉しいですし、つい「もしかして私のこと好きなのかも…?」と期待したくなるでしょう。

    しかし、もしかすると他の人にも同じように接しているかもしれません。つまり自分だけが特別というわけではなく、もともと優しい人の可能性もあります。勘違い片思いで過剰なアプローチをしないように注意したいですね。