遠距離中だけど別れたい…後悔&トラブルなしの正しい別れ方とは

  • 遠距離恋愛「別れて良かった」体験談

    遠距離恋愛で別れたほうが良いのか悩んでいる人は、実際に遠距離恋愛を終えた人の体験談に注目してみるのが良いでしょう。別れたことでどんな心境の変化が現れたのか、体験談に耳を傾けることで、自分の気持ちに自信を持てるようになるはずです。

    遠距離恋愛で別れて良かったと思う人は、なぜそう思うのか…早速注目していきましょう。

    「交通費が浮いた」


    「とにかく交通費が浮いたのが嬉しい。遠距離恋愛の恋人と会うのは楽しい時間だったけれど、金銭的負担はやはり大きかった。だから、別れてからその分が浮いて、生活にも余裕ができた」(27歳/女性/公務員)

    遠距離恋愛での金銭的負担は無視できないものです。そのため、別れたことで遠距離恋愛で負担になっていたお金が浮き、生活に余裕が出ることがほとんど。好きなものを変えたり、余裕ある生活ができたり、現実的に嬉しいと思えることがあると、別れて良かったと思えるのです。

    「ストレスが減った」


    「好きだからこそ辛いことがあった遠距離恋愛は、不安な気持ちもあったし、金銭的負担もあったし、自分に自信を失うこともあった。別れた時はすごい辛かったけれど、落ち着いてきたらストレスがすごかったことに気づけた」(30歳/男性/販売業)

    いくら好きな恋人との交際も、心身や金銭の負担が多いと自分の気づかぬうちにストレスが溜まっていることは少なくありません。交際中はそんなストレスに気づかないふりをして幸せに目を向けようとしますが、無理は募れば募るほど無視は出来なくなるものです。

    別れたことでそんな無理していた自分に気づき、ストレスがなくなったことで本当の自分らしさを取り戻せる人は多くいます。

    「無駄に不安な気持ちにならなくなった」


    「もともと不安症の自分は、遠距離恋愛の恋人に対してたくさん不安を持っていた。不安に思っていると何をしていても集中できなくて、楽しめなくて、そんな状態がすごく嫌だった。別れてからは無駄に不安な気持ちになることもなくなって、穏やかな気持で日常を送れるようになりました」(32歳/女性/看護師)

    ただでさえ不安な気持ちになりやすいのが遠距離恋愛のデメリットです。特に不安症の人や嫉妬しやすい人の場合は、必要以上に不安な気持ちにとらわれてしまい、毎日辛い思いに悩まされることも珍しくありません。

    別れることでそんな窮屈な日々から抜け出し、気持ちに余裕が出たと感じる人は多くいます。

    「別れてから色々と楽しめるようになった」


    「自分は恋愛体質ではないと思っていたけれど、遠距離恋愛はとにかく相手が気になって仕方がない。何をしていても恋人を考えてしまい、楽しくない毎日を送っていたと思う。そんな自分が嫌で別れを告げてからは、視野が広がって、色々なことを楽しめるようになった」(26歳/男性/営業職)

    遠距離恋愛をすると、恋愛ばかりに気を取られてしまう人は珍しくありません。不安な気持ちだけでなく、恋人に会いたいという気持ちが恋人への思いを募らせ、何をしていても恋人のことしか考えられなくなるのです。

    そうなると本来楽しめていたものも楽しめなくなっていきます。恋愛ばかりにとらわれている自分が嫌で、他のことも楽しむために別れを決意する人もいるのです。
  • 遠距離恋愛からの別れ方《OK編》

    続いて注目していくのが、遠距離恋愛からの別れ方です。遠距離恋愛に終わらせよう、そう思った時に必ずやらなくてはいけないのが、恋人に別れを告げること。いくら別れようと強い気持ちがあっても、実際に恋人に別れを告げるのは心苦しいものでしょう。できれば円満に別れたいと考える人がほとんどです。

    そんな時のために参考になる、遠距離恋愛からの別れ方をいくつか解説していきます。ここでは参考にしたほうが良い別れ方を紹介していくため、別れを考えている人はぜひ注目していきましょう。

    将来を見据えて前向きに


    別れを決意した理由が将来を見据えた結果ならば、それを理由に別れを告げると良いでしょう。特に結婚の問題は好きという気持ちだけでは解決できません。特にお互い結婚を考える年齢ならばなおさら、結婚の問題は無視できないものです。

    結婚は難しそうだと感じているならば、将来について話した上で、前向きに別れを提案してみましょう。

    ホンネを伝える


    正直に自分の気持ちを伝えることで、円満に別れられることもあります。別れ話はつい自分の気持ちを隠しがちですが、隠した分だけ相手が納得できない状況になる可能性が出てきます。相手が納得しない以上、別れるのは難しくなり、大きなトラブルになってしまうでしょう。

    また、本当の気持ちを伝えることは、今まで付き合ってくれた相手に誠実に向き合うことになります。誠実に向き合うことで相手はあなたの気持ちに、しっかりと耳を傾けてくれるでしょう。気持ちが通じあえれば、別れを決意したあなたの覚悟も汲み取ってくれるはずです。

    正直に気になる人ができたと言う


    もし別れを決意した理由が「気になる人」ならば、素直にそれを伝えることも円満に別れる方法となります。わざわざ気になる人の存在を言うことは相手を傷つけるのではないか、と考える人もいるでしょう。しかし、別れを告げること自体、相手を傷つける可能性は高いと言えます。むしろ、嘘をついてまで別れようとすることに気づかれたら、より深く傷つけることになるでしょう。

    恋人同士という関係は、自分が思っているよりも相手に自分の変化は伝わりやすいものです。特に浮気や気になる人ができた場合、恋人は薄々あなたの気持ちが離れていることに気づいていることがほとんど。そんなタイミングで別れを告げられてしまえば、未練が残ったり、チャンスが欲しいと思われたりして、なかなか別れられない状態になりかねません。

    遠距離恋愛ならば、他に気になる人ができやすいのは事実です。素直に自分の気持ちや理由を告げて、誠実に恋人と向き合っていきましょう。

    直接別れを告げたほうが円満にいく


    別れを告げる上で悩むのが、直接伝えたほうがいいのか、それとも電話やメールで告げたほうが良いのかということでしょう。本音としては、できるだけ顔を合わせないほうが辛い思いをしないと考え人がほとんどなはずです。

    しかし、別れ話はできるだけ直接会ったほうが、後悔も少なく、円満に別れやすくなるためおすすめ。特に遠距離恋愛は距離が離れてなかなか会えなかった分、相手の気持ちがわかりにくいという特徴がります。そんな状況で実際に会わずに別れを告げても、別れたい気持ちや今までの気持ちが上手く伝わらず、ズルズルとした関係が続くリスクがあるのです。

    今まで付き合ってくれた恋人と最後まで誠実に向き合うためにも、直接別れを告げにいくと良いでしょう。