銀行員女性は結婚しづらいって本当?その理由と恋愛事情を大公開!

  • 優秀な銀行員女性は結婚しづらい?その理由とは

    清楚でまじめな雰囲気があり、年収も安定している女性銀行員ですが、その中でもさらに優秀な銀行員女性は、引く手あまたで結婚には困らないかと思いきや、実は優秀な銀行員女性ほど結婚しづらいといわれています。

    優秀な銀行員女性ほど結婚しづらい理由について探っていきましょう。

    そもそも出会う時間がない


    優秀な銀行員女性は、責任感のある役職へと出世していきます。役職につくと仕事の量が増えますし、部下の教育などもしなくてはなりません。自分の仕事だけではなく、部下のことも気遣わなければならないので、どんどん自分の時間が減っていきます。

    自分の時間が減ってしまうと、出会いに使う時間がありません。結婚以前に、恋愛相手と出会うことすらできないのです。その結果、一般的な銀行員女性よりも結婚しづらくなってしまいます。

    せっかく年収が増えて、結婚資金も貯まりやすくなっているのに、恋人すら作れないのはつらいものでしょう。

    相手にも高レベルを求めてしまう


    年収が安定していて、有能で、立派な肩書もある。まさにパーフェクトな銀行員女性は、自分が持っているステータスと同じレベルのステータスを男性に求めてしまいます。

    ですが、雇用状況が不安定な昨今では、相手に同じレベルを求めるのは難しいものです。本人は「私と同じ程度の年収や肩書きの人なんてたくさんいるだろう」と思っていても、有能な銀行員のステータスは、到底「一般的」とは言い難いでしょう。なので、結婚したいと思える男性がなかなか見つからず、結婚しづらい環境になってしまうのです。

    キャリアアップすると転勤が多くなる


    銀行員は、キャリアアップすると転勤が多くなってしまいます。転勤の多さは出会いの多さにつながりますが、結婚をするには大きな壁になります。特にこどもがほしい場合は、転校や通学の問題が生じるので、キャリアと家庭の板挟みになるおそれもあります。

    出会いやお付き合いはうまくいきますが、先のことを考えると、結婚はしづらくなるでしょう。キャリアアップはよろこばしいことですが、難しい問題です。

    高い年収が男性を遠ざける


    優秀な銀行員女性の年収は、一般的に高い水準となっています。それ自体はとてもすばらしいことです。

    ただし、男性より年収が高いと、男性側が高嶺の花だと思ってしまい、避けてしまうことも。また、プライドの高い男性の場合、自分より年収の高い女性を敬遠してしまうかもしれません。そのような男性を相手にしなければいいだけの話ですが、そのぶん選択肢が狭くなってしまうことは否めません。

    とはいえ、年収が高いということは、仕事ぶりが認められているということです。有能である証なのに、結婚しづらくなってしまうのは、とても残念です。