惹かれ合うのには理由がある?その法則や運命の相手の見つけ方とは?

  • 必見!惹かれ合う相手の見つけ方

    惹かれ合う相手と出会うのはタイミングが重要だとは聞くけれど、やっぱり早く出会いたい!実は惹かれ合う相手とすでに出会っているのかどうか、それだけでも知りたい!という人のために、惹かれ合う相手の上手な見つけ方をご紹介しましょう。

    意中のあの人が運命の相手なのかどうか気になっている人も、ぜひご覧ください。

    相手の内面を見て接するようにする


    パッと見ただけで運命の相手かどうか判断できる場合もあるでしょうが、「話をしていて、とても気が合う人だと気がついた」という話が多いです。もちろん、外見も中身もパーフェクトな異性が理想でしょうが、外見にとらわれていては、運命の相手と出会える確率はガクンと下がってしまいます。

    生理的に受け付けない外見の人なら話が別ですが、本当に惹かれ合う相手と出会いたいのであれば、視野を広げてたくさんの人と接するように心がけましょう。

    いつも自然体でいることを心がける


    大好きな相手の前では、どうしても自分を着飾ろうとしてしまいますし、普段よりも背伸びをした自分を見せてしまいがちです。しかし、無理をしている自分を見せ続けるのは、とても大変なことです。そんなことをしていると、一緒にいるだけで落ち着く相手と出会いたいのに、一緒にいると無理ばかりしてしまう疲れる相手としか出会えなくなってしまいます。

    自分を良く見せようとするのはいいことですし、ある程度の身だしなみや気遣いは必要となるでしょうが、あまり無理をしすぎず自然体な自分を見せてはいかがでしょうか。自然体の自分に好意を寄せてくれる相手や、自然体の自分と惹かれ合う相手と出会えたら、それは運命の相手だと思っていいでしょう。

    第一印象だけで人を判断しない


    第一印象だけで「あの人苦手かも」「この人と恋人になることはないな」と判断している人も多いのではないでしょうか?それは実にもったいないことです。「第一印象が8割を占める」という言葉もありますが、「第一印象は最悪だったけれど、話をすると意外にも惹かれ合い、最終的には結婚した」という話も、よくあるエピソードです。

    第一印象だけで何となく関わり合いを避けている人はいませんか?また、周りからの評価や噂だけを信じて、一切話をしていない相手はいませんか?そんな相手こそ、あなたと惹かれ合う運命の相手かもしれませんよ。

    自分の勘を信じる


    惹かれ合う相手と結ばれたいのであれば、自分の勘を信じることから始めましょう。「運命を感じる相手だけれども、勘違いだったらどうしよう」「一緒にいるのは楽しいけれど、そう感じているのは自分だけかもしれない」「惹かれ合う相手だと思うけれど、相手もそう思っているのか自信がない」という不安を抱えてはいませんか?

    相手に惹かれているからこそ「裏切られたくない」「嫌われたくない」「この関係を終わらせたくない」と思っていることでしょう。しかし、そんな不安に負けていつまでもアプローチできずにいると、運命の相手を逃してしまうかもしれません。惹かれ合う相手だと思ったら、自分の勘を信じて行動をするように心がけてはいかがでしょうか。
  • 惹かれ合うのに結ばれない?その理由とは

    「せっかく惹かれ合う運命の相手だと確信できたのに、結局結ばれなかった…」という悲恋のストーリー、よく聞きますよね。惹かれ合うのに結ばれないのはなぜなのでしょうか?好き同士なのに、結局付き合えない理由とは?結ばれない運命だったってどういうこと?そんな疑問についてご紹介しましょう。

    自分に自信がなくて行動に移せない


    惹かれ合う関係なのに結ばれない理由でよくあるのが、自分に自信がなくて行動できなかったというもの。向こうも自分のことを好きだろうと半ば確信しているのに、「その愛に答えられるかどうかはわからない」「自分のような人間が彼と恋人になってもいいのか不安」「果たして異性と付き合えるのか自信がない」などの理由から、二の足を踏んでしまうのです。

    その結果、せっかくの運命の相手と結ばれるチャンスを逃してしまい、結局付き合えないまま疎遠になってしまうという残念なパターンが多いのです。特に、最近では自分からアプローチをかけない「草食系男子」が増えつつありますので、いいムードにはなるのにお互い行動できずに、恋が終わってしまう事例が後を絶たないようです。

    運命の相手と結ばれる保証はない


    「惹かれ合う運命の相手だから、放っておいても結ばれるはず!」とタカを括っていたら、いつの間にか自分から離れて違う恋人を作っていた、という怖い話もあります。特に「告白は男性がするものであり、女性は告白されるまでジッと待つべき」という考えを持っている女性に、よく見られるパターンです。

    きっと「お互いに惹かれ合っている」と確信していて、男性が告白してくれるのを待っていたのでしょうね。しかし相手の男性は、女性の「待ち」の姿勢や、告白させようとする態度に、嫌気がさしてしまったのかもしれません。運命の相手だから必ず結ばれるという保証はないので、気を引き締めて愛を育むように心がけてくださいね。

    自分の勘を信じられない


    互いに惹かれ合っているような気はするけれど、自分の勘に確信を持てずに悩んでいる人も、結ばれない可能性を秘めています。確かに、自分が惹かれているからといって、相手も自分に惹かれているとは限らないでしょう。さらにいうと、こちらは運命を感じているけれど、向こうは何とも思っていないパターンだってありえます。

    しかし、「互いに惹かれ合っている」と直感したのであれば、自分の勘を信じて、まずは行動してみましょう。そうでないと、せっかくの運命の人と幸せになれるチャンスを失ってしまうかもしれません。勘違いだったらそこで諦めればいいでしょうし、勘違いだったとしても、そこからアプローチをすればいいだけです。ぜひ自分を信じてあげてくださいね。

    過去にトラウマがある


    惹かれ合う相手なのになぜか結ばれないのは、もしかしたら過去に何らかのトラウマがあるせいかもしれませんね。恋愛に関するトラウマ、異性に関するトラウマ、運命の相手とのトラウマなど、簡単には忘れられない心の傷が、一歩踏み出す勇気を奪っているのかも。

    過去のトラウマを乗り越えろ!と口にするのは簡単ですが、いざ行動しようとしても難しいですよね。しかし、惹かれ合う相手を逃さないために、まずはトラウマと向き合い、異性との恋愛に踏み出す勇気を持つようにしてください。きっとその勇気は、これから先の未来を明るく照らしてくれるきっかけになるはずですよ!