惹かれ合うのには理由がある?その法則や運命の相手の見つけ方とは?

  • 【法則別】様々な観点での「惹かれ合う」とは?《その2》

    惹かれ合うことには、それだけで意味があります。まだ運命の相手に出会っていない人は、ぜひ惹かれ合う法則を把握して、今後に役立てるようにしましょう。

    精神的な繋がり


    精神的な繋がりにより惹かれ合うこともあります。話をしている中で、自分の価値観と相手の価値観が一緒だと判明することで、自然と惹かれ合うというのはよくある話ですよね。また、周りと考え方も価値観も違うために孤独を感じている人同士が、精神的な繋がりを感じ、互いに惹かれ合うというパターンもよくあります。

    メンタル的な繋がり


    誰かと一緒にいたい、自分を受け入れてくれる人と一緒にいたい、そんな思いが重なって惹かれ合うパターンもあります。これにはメンタル的な要素が関係していて、自分1人では生きていけないと感じている者同士が支え合っている場合が多いようです。このメンタル的な繋がりが強くなると「共依存」に陥ってしまう可能性もありますので、注意しましょう。

    相補性


    自分に足りないものを持っている相手と惹かれ合うことを言います。「憧れ」「尊敬」などの感情が関係しており、お互いを尊敬しあえる関係も、これに当てはまります。自分1人ではできないことも、2人ならば乗り越えられる!という、連帯感が生まれるよき関係と言えるでしょう。

    類似性


    どこか似ているところがある者同士が惹かれ合うことを言います。似ている部分が多かったり、同じことで悩んでいたり、同じコンプレックスを持っていたりなど、悩みや悲しみ、考え方を共有できる相手と惹かれ合うのは、人間の心理として当然のことです。お互いに共通点があると何となく親近感が湧くのも、この法則が関係していると言えるでしょう。
  • スピリチュアルから見る「惹かれ合う」の意味

    「魂が惹かれ合う」と聞くと、「本当に?」「そんな非科学的なことを信じてもいいの?」と、疑問に思う人もたくさんいるでしょう。しかし、スピリチュアルな観点も、決してバカにはできません。

    うまく説明はできないけれど、一目会った瞬間から夢中になってしまう相手というのは存在しますし、運命としか言いようがないスピリチュアル的な導きによって幸せを掴み取った人も多いのです。信じるも信じないもあなた次第。スピリチュアルな観点から見る「惹かれ合う意味」をご紹介しましょう。

    運命の人「ソウルメイト」とは?


    ソウルメイトとは、輪廻転生する中で何度も出会い、共に過ごしてきた相手のことを言います。特徴としては「誕生日が近い」「話が尽きない」「似ているところがある」「価値観が同じ」「運命としか言いようがない出会い方をした」などがあります。

    前世でも、その前の前世でも、ずっと一緒に過ごしてきた相手だからこそ、何も言わなくても魂で繋がっていますし、出会ったその日から昔からの知り合いと話をしているような感覚になるのです。

    「ツインソウル」は魂の片割れ


    ツインソウルとは、目に見えなくても感じられる「魂の片割れ」という意味です。本当は1つの魂だったはずが、なんらかの理由で2つに分かれてしまったということです。ツインソウルの相手と出会うと「自然な自分でいられる」「一緒にいることが普通に感じる」「出会ったことで運気が好転した」という特徴があります。

    「ソウルメイト」と「ツインソウル」の違い


    「ソウルメイト」と「ツインソウル」は、魂の導きによって出会ったという点は同じですが、出会った意味は異なります。ソウルメイトはもともと別の魂で、輪廻転生の中で生が変わっても、常に近しい存在として共に過ごしてきた相手のことを言います。

    一方、ツインソウルはもともと同じ魂が2つに分かれたことを言います。同じ魂で前世から過ごしたきたか、違う魂でありながら運命共同体として長年過ごしたきたか、という点に大きな違いがあるのです。

    魂が繋がった相手に出会うと運気は好転する


    魂が繋がった相手と出会うと、運命は面白いほど好転します。直接的な関わりがないとしても、出会ったことをきっかけに、仕事やプライベートがいい方向に向かうようになったり、ソウルメイト、ツインソウルと出会うことで、人生を共にするパートナーを得ることになる場合もあるのです。

    ソウルメイトやツインソウルが、すなわち「運命の恋人」というわけではないかもしれませんし、魂のつながりを持つ相手が異性だとも限らないでしょう。しかし、魂の相手と出会うことで、今まで暗闇が広がっていた人生が、いつの間にか光り輝く世界へと変貌する可能性があるのです。