「食い尽くし系」は超迷惑?その特徴&心理と対処法を一挙大公開!

あなたの周囲に「食い尽くし系」の人はいませんか?人の食べ物まで奪って食ベる上に、マナーも悪いため嫌われやすい、というのが「食い尽くし系」の人の特徴です。今回は、「食い尽くし系」の人の心理や対処法に加えて、食い尽くしを改善方法までご紹介します。

  • そもそも「食い尽くし系」とは?

    「食い尽くし系」と呼ばれる人たちをご存知ですか?実際に「食い尽くし系」の人に困っている…という人も少なくないでしょう。ここではまず最初に、「食い尽くし系」とは何かをお話していきます。

    「食い尽くし系」とは


    「食い尽くし系」とは、目の前に出された料理や食べ物を、人のものでも自分のものだと認識して食べ尽くしてしまう人のことを指す言葉です。「食べ尽くし系」とも言います。

    あまりにも食い意地が張っているので、「卑しい人だ」と思われることも多く、「食い尽くし系」の人と一緒にご飯を食べることにストレスを感じる人も少なくはありません。

    「食い尽くし系」が離婚の原因になる場合も?


    「食べる」という行為は生活をするうえで大切なことですよね。結婚においても食の好みは重要視されています。その食事の面でストレスを抱えるようになると、いくら夫婦であっても次第に許せなくなるものです。

    「食い尽くし系」の問題点は、食べ物を全部平らげてしまうという側面だけではありません。食事のマナーが悪いために、身内だけでなく知人や友人、場合によっては来客にまで迷惑をかけてしまうこともあります。悪びれもせずに本領を発揮してしまうので、周囲は呆気にとられることでしょう。

    その場合、恥をかくのは「食い尽くし系」本人ではなく、パートナーですよね。「食い尽くし系」であることを理由に離婚される可能性も高いのですね。
  • 「食い尽くし系」の特徴とは?

    それではまず、なんでも食べ尽くしてしまう「食い尽くし系」の人の特徴について、具体的に例を挙げながらお話していきます。

    自分が食べたい物を食べる


    食い尽くし系の人は、自分が好きなものや「食べたい」と思ったものは何がなんでも食べようとします。一緒に食べに行った相手の料理が気になったら、それすらもどうにかして食べようとするなんていうのは当たり前です。

    また、他人様のお宅に訪問した際にも、気になる食べ物があれば口にすることも。食い尽くし系の人は、食べ物を前にすると常識はずれなことをするのが多いのも特徴だといえるでしょう。

    大皿料理を取り分けない


    食い尽くし系の人は、「自分が食べたいものはすべて食べたい!」という考えをもっています。大きなお皿に料理が盛り付けられた、見るからに大人数用のものであっても、自分が好きな料理であれば独り占めしてしまうのです。

    ほかの人に「分けてくれない?」と言われても、明らかに少ない量しかお皿によそいません。食い尽くし系の人が「卑しいな…」と思われる原因となっている行動のひとつですね。

    「一口ちょうだい」が口癖


    食い尽くし系の人は、「一口ちょうだい」や「おかず一口だけ交換しよう」が口癖だとも言えるくらい、毎回これらの言葉を口に出してきます。

    「一口なら…」と思って応じてみると、かなりの量を持っていかれて驚いた、という人も少なくはありません。おかず交換でも、相手には肉や魚などメインの部分を要求するくせに、自分は野菜や肉の脂身を寄越してくるということも、食い尽くし系の人との間ではよくあることです。

    一口あげる行為や、おかず交換が苦手な人もいますよね。そういう人が断ると、食い尽くし系の人は途端に機嫌が悪くなり、相手のことを「ケチ」呼ばわりし始めます。

    食べ物を前にすると人が変わる


    普段は穏やかな人なのに、食べ物を前にすると人格が変わったかのように眼光が鋭くなるというのも、食い尽くし系の人にはよく見られる特徴です。食べ物を見ると何かスイッチが入るのか、口いっぱいに食べ物を詰め込むことばかりを考えて、会話にも参加してこなくなります。その姿には殺気すら感じてしまうものです。

    豹変した姿を目撃してしまうと引いてしまい、「次から一緒に食事するのは無理かも…」と思う人がほとんどです。可愛いギャップなら良いのですが、食い尽くし系の人のギャップには恐怖すら覚えてしまいます。